top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

BE:FIRST、ソロ楽曲第1弾にJUNONが選ばれた理由は? 音楽的バックグラウンドと高いスキル

Real Sound

 4月24日にコンセプトシングル『Masterplan』をリリースするBE:FIRST。同作の中に、JUNONのソロ曲「Nova Flame ~One of the BE:ST-01 JUNON~」が収録されることが発表された。同曲はBE:FIRSTにとって初のメンバーソロ楽曲で、東京ドーム公演を経てスタートする新企画「One Of The BE:ST」の1曲目だ。

(関連:【動画あり】オーディションでは「雪の華」を披露したJUNON

 発表に際し、SKY-HIは、「One Of The BE:ST」とは「各メンバーのソロ楽曲及びそのパフォーマンス映像が今後一周致します。しかしそれは、所謂ソロ活動のスタートというよりは、BE:FIRSTを更に強くしていく為のプロジェクトです」、「個性の更なる成長のために一番必要なのは、”個々の音楽性、音楽力の更なる成長”に尽きると思います」、「このプロジェクトが一周し07まで到達した時、更に大きなBE:FIRSTに出会えると確信しています」とコメント。その第1弾としてJUNONが選ばれたというわけだ。そして、「Nova Flame」にはJUNON自ら作詞作曲に参加している。

 JUNONといえば、高いボーカルスキルで聴く人を魅了しているメンバーで、ハイトーンボイスが武器。サビや印象的なフックを担当することも少なくない。オーディション番組『THE FIRST』(日本テレビ系/Hulu)に参加した当時は未経験ではあったものの、常に音楽が鳴っていた環境で育ったと語っていたことがあった。インタビューでは「クリスマスにケーキを食べるときにはMISIAさんが流れていたり……。父がバンドをやっていたので、家にはあらゆる楽器が揃っていて。中高生のときには、僕がベース、妹がアコースティックギターを弾いて、自宅で好きなバンドの曲をセッションしたこともありましたね」(※1)とも語り、音楽とともに人生を歩んできたと想像できる。そんなJUNONが秀でた歌唱力を手にしたことは必然なのかもしれない。そして、歌声という明確な武器を得たJUNONが「One Of The BE:ST」のトップバッターを飾ることも納得だ。

 そんなJUNONはさまざまなアーティストに影響を受けてきたようだ。2021年11月25日にSpotifyで公開されたJUNONの音楽ルーツ紹介プレイリストを見てみると、ブルーノ・マーズ、ジャスティン・ビーバーなどの洋楽アーティストから、SEVENTEENやBIGBANGなどのK-POPアーティスト、秦 基博やTUBEなどのJ-POPアーティストと実にバリエーション豊かな面々の楽曲が揃っている。さらに、2023年8月のインタビューでは、今憧れるアーティストとしてアメリカのシンガーソングライターkeshiの名前も挙げていた。こうして、いろいろなジャンルのアーティストから影響を受けてきたJUNONは、度々「音楽が楽しい」という旨の発言をしている。「さまざまなテイストの楽曲を歌えるのは本当に楽しいです」、「音楽でつらくなることはないですね」、「(音楽を)常に楽しめています」との発言もしており、影響を受けたアーティストからヒントを得た実力だけでなく、「楽しむ」というアーティストとして大切な姿勢も持ち合わせている。

広告の後にも続きます

 さらに、音楽に対する飽くなき探求心があることもJUNONらしさのひとつだろう。「ギターの弾き語りやラップに挑戦してみたいです。今のところどちらもできないのですが、BE:FIRSTにいれば向上心を燃やし続けられると思うので、いつか実現できるはず!」(※2)と2021年末に語っていた通り、最近ではラップにチャレンジしている楽曲も増えてきている。

 そう考えると、「Nova Flame ~One of the BE:ST-01 JUNON~」がどんな楽曲になるのかは未知数だ。JUNONらしい高音が楽しめるメロディアスな楽曲かもしれないし、ラップがふんだんに取り入れられた楽曲かもしれないし、はたまた今までにないアプローチが施されているかもしれない。これまでも常に新しい姿を見せ続けてきたJUNON。初のソロ楽曲の全貌が見える日が楽しみだ。『Masterplan』のリリース日が待ち遠しい。

※1:https://spur.hpplus.jp/culture/topics/2023-08-25-Wc0K9A/
※2:https://withonline.jp/people/ent-encounter/IEEPk

(文=高橋梓)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル