top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『散歩が嫌いな犬』はなぜ外に行きたがらないの?4つの理由と改善する対策とは

わんちゃんホンポ

「散歩が嫌いな犬」が外に行きたがらない理由

散歩が大好きなイメージが強い犬の中にも、実は「散歩が嫌いな犬」も存在します。そもそも、家の外に行くことすら拒否する場合も。

そこで今回は、「散歩が嫌いな犬」が外に行きたがらない理由について解説します。愛犬が該当する場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.外の世界を知らない

外に出たがらない犬は、まず外の世界を知らないことが多いです。

保護犬で室内でばかり過ごしていた犬や、外に出たことがない子犬によく見られます。

2.怖い経験をした

犬は散歩中に怖い経験をすると「もうあの場所に行きたくない!」と嫌がることがあります。他の犬に吠えられた、飼い主に叱られた、交通事故に遭ったなど要因は様々です。

広告の後にも続きます

愛犬が以前は散歩が好きだったのに嫌がるようになったのであれば、最近怖い経験をしたかどうか、一度振り返ってみてください。

3.首輪、ハーネス、リードが嫌い

首輪・ハーネス・リードが嫌いで散歩に行きたくないという犬もいます。しかし、嫌いだからと言って犬に何も着けずに散歩していたら危険です。

(もしかしたら、うちの子は散歩前に着ける道具が嫌いなのかな?)と気づいたら、犬を道具に慣れさせることから始めてください。

4.暑すぎる、寒すぎる

近年は温暖化の影響で夏前から暑くなり、また寒暖差も激しくなっています。犬も人間と同じでその日の気温によって外に出たくないときがあります。

犬は裸足で歩くので夏には肉球の火傷、冬にはしもやけを起こすことがあります。また人間より低い位置を歩くので温度変化の影響を受けやすいです。

「散歩が嫌いな犬」を散歩好きに改善する対策

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル