top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

美しい高畑充希“定子”に心を奪われるファーストサマーウイカ“ききょう” 吉高由里子“まひろ”は旅先である人物と出会う<光る君へ>

WEBザテレビジョン

吉高由里子が主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第15回「おごれる者たち」が4月14日(日)に放送される。

■大河ドラマ「光る君へ」とは…

大石静が脚本を務める同ドラマは、平安時代を舞台に、のちに世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生み出した紫式部の人生を描く物語。主人公・紫式部(まひろ)を吉高、紫式部の生涯のソウルメイト・藤原道長を柄本佑が演じる。

また、道長の嫡妻・源倫子役で黒木華、まひろの夫・藤原宣孝役で佐々木蔵之介、まひろの父・藤原為時役で岸谷五朗、道長の父・藤原兼家役で段田安則らが出演。語りを伊東敏恵アナウンサーが務める。

■これまでの放送では――

仕え先を探すまひろは、土御門殿からの帰りに道長と鉢合わせてしまう。久しぶりの再会だったが…。

ある日、兼家は道長らを呼び、道隆(井浦新)を後継者にすると告げる。道兼(玉置玲央)は納得がいかず、激高する。

やがて兼家が逝去。跡を継いだ道隆が摂政になり、独裁を始める。

一方まひろは、たね(竹澤咲子)に読み書きを教えていたが、厳しい現実が待ち受けていた。

■第15回「おごれる者たち」あらすじ

道隆は、強引に定子(高畑充希)を中宮にし、詮子(吉田羊)を内裏の外へと追いやった。

二年後、一条天皇(塩野瑛久)は麗しく成長。道隆の独裁には拍車がかかっていた。伊周(三浦翔平)らに身内びいきの人事を行い、定子のために公費を投じ始める。道長は兄のやり方に納得がいかない。

一方のまひろは、さわ(野村麻純)と近江の石山寺へと出かける。そこで思いもよらない人物との出会いが…。

――という物語が描かれる。

■道長は道隆の独裁を止めることができるのか

公式ホームページの予告動画では、さわと一緒に旅をしながら楽しそうに笑い合うまひろの姿や、道長が何者かに「この道長がお支えいたします」と話す場面などが映し出されている。

また、第15回からは成長した一条天皇を演じる塩野瑛久が登場。柱にもたれながら真剣な表情で笛を吹く姿なども。

さらに、定子を見たききょう(ファーストサマーウイカ)が「きれ~」と心の中でつぶやきながらうっとりと見とれる場面なども描かれており、定子のもとに女房として出仕することになり、志を果たすききょうの姿が、まひろにどのような影響を与えるのか、今後の展開が気になる予告動画となっている。

大河ドラマ「光る君へ」第15回は、4月14日(日)夜8:00よりNHK総合ほかにて放送。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル