top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『悪女(わる)』から『花咲舞が黙ってない』へ 今田美桜がもたらす“令和版”の説得力

Real Sound

土ドラ9『花咲舞が黙ってない』今田美桜©︎日本テレビ

 「お言葉を返すようですが」というセリフとともに、すべての働く人の背中を押してくれた花咲舞が、令和に帰ってくる。今田美桜の力を借りて。

参考:『悪女(わる)』底抜けに明るい麻理鈴は今田美桜の新境地に? 平成版との価値観の違いも

 2014年と2015年に放送された『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)は、池井戸潤の『不祥事』を基にしたドラマだ。花咲舞を杏が、舞の相棒となる上司の相馬健を上川隆也が演じた。東京第一銀行で窓口業務を担当していた舞は、本部臨店班への異動をきっかけに、各支店の問題を相馬とともに解決していく。

 舞は時に悩みながらも、どんな相手であろうとひるむことがない。黙れと言われても「黙りません!」「そんなの絶対間違ってます!」と返すような、カッコよくもあり、どこか親しみのあるキャラクターだった。男社会の銀行で働く舞が次々と不祥事を暴く姿に、明日働くための活力をもらった人も多いだろう。本作は『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ系)の劇中でも取り上げられており、日本テレビが誇る平成名作ドラマの一つだ。

 「今田主演で、平成の名作ドラマを令和版へ」と聞くと、2022年に放送された『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系)を思い出す。こちらは1992年に放送された『悪女』(日本テレビ系)をリメイクした作品で、今田は落ちこぼれながら健気に出世を目指す会社員・田中麻理鈴役を、パワフルに演じきった。本作は、平成版から令和版へ細かな設定がアップデートされており、麻理鈴のバックボーンや趣味嗜好が変更されている。それでも『悪女』の令和版として違和感のない作品になっていたのは、こずるく立ち回りながらも憎めない愛らしさで人を動かす今田の姿が、麻理鈴そのものだったからだ。今田の放つ明るいエネルギーが、麻理鈴というキャラクターに説得力を生んでいた。

広告の後にも続きます

 『花咲舞が黙ってない』のプロデューサーである小田玲奈は、『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』にも名を連ねている。麻理鈴役の好演があったからこそ、今田が花咲舞役に抜擢されたことにも合点がいく。麻理鈴とは違うアプローチで、先陣を切って問題を解決していく力強い花咲舞役は、今田にとって新たな挑戦となるだろう。

 本作のポスタービジュアルでは、今田は平成版の花咲舞のトレードマークであったベージュのスカートスーツではなく、ネイビーのパンツスーツに身を包んでいる。舞の服装の変化からも、平成から令和へと働く女性像がアップデートされていることがわかる。

 平成版から令和版へと物語が更新されたとしても、花咲舞というキャラクターには強い正義感とかわいげのある人間味を期待してしまう。今田は求心力のあるエネルギーで花咲舞役を演じきり、土曜の夜に平成版と変わらぬ元気を与えてくれるはずだ。
(文=古澤椋子)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル