top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮に「オーラ抜群」と反響集まる  「いい年の取り方をしてる」「地上波に帰ってきてくれて泣いた」

エンタメOVO

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐心(ふくしゅうしん)」が入り乱れ、人間の内に秘めた「欲望」がむき出しになっていくリベンジサスペンス。

 日本屈指の巨大病院・天堂記念病院の理事長・天堂智信(光石研)の息子である天堂海斗(赤楚)は、病院や父を嫌悪し、出版社で記者として働き、天堂家とは距離を置いていた。海斗が恋人・朝比奈陽月(芳根京子)にプロポーズしようとしていた夜、智信が倒れたと連絡が入る。

 海斗が智信の病室に入ると、そこには伯母であり院長の天堂市子(余貴美子)、その息子・天堂佑馬(青木柚)、外科部長の鮎川賢二(梶原善)が立っていた。

 深夜、海斗は智信の秘書・高村実(利重剛)から、新病棟のプロジェクトの話を聞かされる。智信は海斗を病院理事に就任させ、そのプロジェクトを任せたいと考えていたが、海斗はこれを強く拒絶する。

広告の後にも続きます

 陽月は、心臓病を患っている妹・朝比奈美咲(白山乃愛)の面倒を見ながら、天堂記念病院で看護師として働いていた。陽月の病棟へ、心臓血管外科の名医・大友郁弥(錦戸亮)が新任としてやってくる。

 一方、海斗は智信の意識が戻ったと連絡を受けるが、その表情は晴れない。同僚の木下紗耶(見上愛)に、海斗は「婿養子ながら理事長まで上り詰めた智信は、母親が死んだ後、その椅子を守るために変わってしまった。そんな父親を見て病院から離れることにしたのだ」と語った。

 その後、陽月から「私との将来を真剣に考えるなら、海斗のお父さんに会わせてほしい」と言われた海斗は、病院へと赴く。病室では智信の容態が急変し、郁弥が緊急の処置をしていた。智信の容態がようやく落ち着き、海斗にあいさつをする郁弥。その時、智信は目を覚ますが…。

 放送終了後、SNS上には、「1話から怒涛(どとう)の展開。赤楚衛二くんの泣きのシーンに引き込まれた」「赤楚衛二以外、全員怪しいドラマ。芳根京子もまだ信用できない」「コメディー要素なしのサスペンスでとても好み。誰が良い人で悪い人か、まだ何も分からなくて楽しみ」などの感想が投稿された。

 また、本作のキーマンとなる大友郁弥役を演じる錦戸について、「錦戸くんの存在感が半端じゃなかった」「錦戸くんがいい年の取り方をしていて最高。地上波ドラマに帰ってきてくれて泣いた」「錦戸亮くんが登場シーンからオーラ抜群。演技がうまいし、カッコいい」といった反響が集まった。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル