top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

年下男性の“不意打ちキス”に悶絶……!! 仲良くなり始めた男女がするべき「自然な距離の詰め方」【私たち結婚しました5】

マイナビウーマン

※このコラムはABEMAで配信中の『私たち結婚しました5』エピソード1~4のネタバレを含んでいます。

シーズンも中盤に差しかかり、初対面だった2人が夫婦の貫禄を見せ始めた今回は、「夫、頑張る」な40分となった。慣れが出始め「扱いが雑になっちゃう」と公言した新妻・堀未央奈さんに対し、年下ながらも時にあざとく“オトコの一面”を出し始めた百瀬拓実くん。また、妻・白間美瑠さんの兄弟との顔合わせで、賑やかな家族の雰囲気に圧倒されながらも、明るい発言で場を和ませた永田崇人くん。

自分のために頑張る夫を尻目に、妻は何を思うのか。心の距離は縮まりつつも、物理的な距離は縮まっているようで縮まりきらない絶妙さに、やきもきが止まらなかった第4話。これも、わた婚中盤戦の醍醐味。上手く恋愛なんてできなかった自身の青春時代も思い出しながら、ドキドキ&モヤモヤが募る先週回を復習していこう。

■「オトコな一面」が見え始めた夫の猛攻が止まらない

(C)AbemaTV, Inc.

広告の後にも続きます

第4話のみおたく夫婦は、妻が泊まりたかったというキラキラホテルで、ルームツアー撮影からスタート。それにしても、堀さんはいつにもまして韓国アイドルのような衣装で眼福である。

ルームツアーは夫のラブミッションにより、途中から「妻への愛を追う撮影」になったわけだが、特に良かったのは「なんでも笑ってくれるところ」というメッセージへの返答。「なんでも笑うわけじゃないよ」というあの返事は、完全にアレ。ツンデレ女子が好きの裏返しでやるやつ。誰でもいいわけじゃないし、誰に対しても笑いかけるわけじゃない。アイドル時代はどんな時も笑顔であり続けたであろう妻からの、とても小さな愛のメッセージ……百瀬くんには、届いただろうか。

夕食シーンでは、2人のナチュラルな距離の変化を感じた。言うまでもなく「あーん」をし始めた妻に「え、今!?」(※3話参照)とは言わず、連続あーんを受け入れていた夫。なんか、前よりも堀さんに従順(?)になっているような……! 「仲良くなればなるほど、雑な扱いになる」という堀さんの一言にはなるほど感もありつつ、自然に受け入れる距離感に感激したそばから、堀さんに“眠そうな顔”をリクエストする百瀬くん。

(C)AbemaTV, Inc.

キメキメの姿より、素の見える表情をリクエストされ、戸惑うツンデレ妻。照れる妻をニヤニヤ見つめる姿は、なんだか急に「好きな子いじめちゃう系イケメン」そのもの。何そのギャップ聞いてない……静かに悶絶したワンシーンだった。

しかし、ベッドでの距離感はいまだ縮まらず。「足冷たいね」というセリフは完全に百瀬くんのフリだったと思うのだが、そのまま直立不動で眠りにつく堀さん。ここにきて予想が逆転し、夫が妻の女心をどう引き出すかがキーになってきた……。年下夫には重い荷ではあるが、最近の百瀬くんは非常に調子がいいので、なんとか堀さんを甘えさせたいところ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル