top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

石川佳純 始球式での「球団ロゴなし」ユニフォームに批判続出…用意したフジテレビが寄せた「まさかの回答」

女性自身

石川佳純 始球式での「球団ロゴなし」ユニフォームに批判続出…用意したフジテレビが寄せた「まさかの回答」(C)女性自身

4月6日、神宮球場で行われたプロ野球・ヤクルト対阪神の始球式に、元卓球女子の石川佳純(31)が登場。

 

この試合では、フジテレビ系のスポーツ情報番組『すぽると!』が主催した「すぽると!DAY」が開催されており、同局で生中継が行われていた。

 

今回の始球式は、同局の『パリ2024オリンピック』スペシャルキャスターに石川が就任したことを受けてのもの。同日、石川はInstagramを更新し《神宮球場にはよく試合を観に行っているのでマウンドに立てるとは!!貴重な経験をさせて頂きました。なんと試合前には石川雅規投手に投球指導をして頂きました!!キャッチボールまでして頂き感無量です!!》と興奮気味に綴っていた。

広告の後にも続きます

 

しかしそんな石川の思いとは裏腹に、着用していた「ユニフォーム」をめぐって波紋が広がっていた。

 

この日、石川が着用していたのは、白地に赤いストライプが入ったスワローズのユニフォーム。背中に「KASUMI 2024」と書かれていることから、この日のために用意したものと思われるが、なんと本来あるはずの球団のロゴが一切入っていなかったのだ。スポーツ紙記者も訝しむ。

 

「有名人が始球式に登場する際は、背中に名前や関わりの深い数字を背番号として入れるなど特注仕様のものを用意されることが多いですが、その前面にはホームで試合をする球団のロゴが入っていることがほとんどです。実際、過去にヤクルトのホームゲームで始球式を務めたほかの著名人のユニフォームにはSwallowsのロゴが入ってました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル