top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

縛られた男をいたぶろうとする不気味な男 ド迫力のにらみ合い 小路紘史監督作「辰巳」新予告

映画スクエア

 2024年4月20日より劇場公開される、自主映画「ケンとカズ」で第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門作品賞を受賞した小路紘史監督による8年ぶりの新作映画「辰巳」から、新予告が公開された。

 新予告では、過激な描写が盛り込まれている。「辰巳」の白抜きロゴが、真っ赤に染まる描写から始まり、両手両足を縛られ、ズボンをずり落とされた男に近寄る不気味な男の姿が映し出される。今から縛られた男をいたぶり、責めさいなむことを楽しもうとする表情を見せる不気味な男の正体は、姉を殺された葵の仇(かたき)でもあり、主人公の辰巳と同じ組織に属し、組織の中で最も悪名高い沢村兄弟の弟である竜二だった。その後も、竜二の狂暴な姿が画面を支配し、ド迫力のにらみ合いなどが収められている。

 竜二を演じたのは、本作が映画初出演となる倉本朋幸。圧倒的な存在感と顔面力で、竜二を体現している。

 「辰巳」は、希望を捨てた男と復讐を誓う少女によるジャパニーズ・ノワール。裏稼業で働く孤独な辰巳(遠藤雄弥)は、ある日元恋人・京子(龜田七海)の殺害現場に遭遇する。一緒にいた京子の妹・葵(森田想)を連れて、命からがら逃げる辰巳。片や、最愛の家族を失い復讐を誓う葵は、京子殺害の犯人を追う。生意気な葵と反目し合いながらも復讐の旅に同行することになった辰巳は、彼女に協力するうち、ある感情が芽生えていく。

 主人公・辰巳役には、「の方へ、流れる」「ONODA 一万夜を越えて」などの遠藤雄弥。ざんげにも近い悲しみを抱え、希望なき世界を所在なく生きる辰巳を演じる。最愛の人を失い絶望のなかで行き場のない怒りを復讐に変える少女・葵役を「アイスと雨音」「タイトル、拒絶」「わたし達はおとな」などの森田想が務める。ほかに、後藤剛範、倉本朋幸、松本亮、龜田七海、藤原季節が顔をそろえる。

広告の後にも続きます

【作品情報】
辰巳
2024年4月20日(土)より、渋谷ユーロスペース他全国ロードショー
配給:インターフィルム
©小路紘史

 
   

ランキング(映画)

ジャンル