top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

綱啓永、髙嶋政宏、外原寧々、ゆうたろう、筧美和子、石倉三郎が出演 「新米記者トロッ子」キャスト

映画スクエア

 2024年8月9日より劇場公開される、「恋は光」の小林啓一監督がメガホンを取り、櫻坂46の藤吉夏鈴が映画初主演を果たした「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」に、綱啓永、髙嶋政宏、外原寧々、ゆうたろう、筧美和子、石倉三郎が出演することが発表された。

 綱啓永が演じるのは、元文芸部で物語が動き出すキーマンとなる松山秋。髙嶋政宏が本作の舞台となる私立櫻葉学園の理事長・沼原栄作役を務めるほか、部長の西園寺に憧れる文芸部副部長・片岡姫香役に外原寧々、ドローンを操作して新聞部にも協力する生徒・田島役をゆうたろう、私立櫻葉学園で体育教師からのセクハラ被害にあう教師・山内役に筧美和子、閉業した印刷所の社屋を新聞部に部室として貸している山本役に石倉三郎が顔をそろえる。

 「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」は、高校の新聞部員たちが大人たちの闇を暴く社会派エンターテインメント。文学オタクな高校一年生の所結衣は、憧れの作家”緑町このは”が在籍する文芸部に入部する条件として、文芸部部長の西園寺茉莉から、実は正体不明の”このは”の正体を突き止めてほしいと頼まれる。情報を持っているという新聞部に潜入した結衣は、新米記者“トロッ子”として活動するうちに、新聞と記者の魅力に惹かれていく。そして、”このは”の存在に隠された、学園の大きな闇が次第に見えてくる。

 “トロッ子”こと所結衣役を演じるのは、映画初出演となる櫻坂46の藤吉夏鈴。髙石あかり、久間田琳加、中井友望らが共演する。監督は「恋は光」などの小林啓一、脚本は「さよならエリュマントス」などの大野大輔が務める。

 綱啓永らのコメントも公開された。コメントは以下の通り。

広告の後にも続きます

【コメント】

■綱啓永/松山秋役 
松山秋役を務めさせていただきました綱啓永です! 今回演じた秋の役どころは、一言で言うと、才能があって落ち着いてる人物かなと思います。
そして物語の中でキーになってくる大事な役です。 現場では、監督が細かい部分含めてとにかくお芝居にこだわってくださった印象が強いです。毎シーン話し合いを重ねつつ、楽しく自由にやらせていただきました。
本当に小林監督には感謝しかないです。 僕自身は、撮影日数があまり多くはなかったものの、フレッシュなキャストの皆様と僕が経験したことないタイプの青春をしてきました。 
学生が汚い大人に立ち向かう姿は、とても力強く、感化されるモノがあると思います。公開をお楽しみに!

■髙嶋政宏/沼原栄作役
まず、この話いただい時、なんかいいニオイがしたんですよ。
これは絶対に面白くなる!と。
具体的なこの沼原のモデルはいたものの、それよりも現場で監督と楽しく創らせていただきました。
コロナやらインフルで途中、延期になったりでちょっとだけ難産でしたが思い出深い作品になりました。

■外原寧々/片岡姫香役
学園ものの作品に出ることが夢だったので、決まった時はとても嬉しかったです。
私が演じさせていただいた片岡姫香は、文芸部副部長で部長の西園寺茉莉に憧れている女の子です。
物語が進んでいくにつれて変化していく姫香にもぜひ注目していただけると嬉しいです。
何かに夢中になったり、全力で日々を過ごしている皆がキラキラ輝いていて、とても爽やかな青春映画になっています。
ぜひ劇場でご覧ください!

■ゆうたろう/田島役
小林監督とは『殺さない彼と死なない彼女』でご一緒し、プライベートでも仲良くしていただいているので、また現場でお会い出来てとても嬉しかったです。
僕が演じた田島は作品の中のちょっとしたキーマンでもあって、プロの方に監修して頂いてドローンも初めて操縦させてもらったのでその辺りも公開まで楽しみにしていて頂きたいです

■筧美和子/山内役
山内という人物についてもセクハラ被害についても、監督やスタッフと相談しながら、キャラクターを作っていく感じがありました。
やるせない気持ちを持ちながらも、学校の角で電子たばこ吸いながらやり過ごす山内はなんだかリアルで。
見えない日常が細部に滲み出るといいなと意識しました。
私は撮影日数“が”多くはなかったのですが、物凄い熱量を持った作品になりそうだと皆さんの姿に私が奮い立たされていました。
監督をはじめ、藤吉さんや髙石さんの真っ直ぐなエネルギーが素晴らしいなと感じました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル