top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

一体、何が起きた…? 大谷翔平のプレーが物議を醸す セーフ判定が一転アウト… “神スライディング”がミットを蹴っていた瞬間 衝撃の“本塁突入憤死”に球場騒然

ABEMA TIMES

【MLB】ツインズ3-2ドジャース(4月10日・日本時間11日/ミネアポリス)       

【映像】大谷、神スライディングがミットを蹴っていた瞬間

4月10日(日本時間11日)に米・ミネソタ州ミネアポリスのターゲット・フィールドで行われたミネソタ・ツインズ対ロサンゼルス・ドジャースの一戦で、大谷翔平が、激走むなしく本塁突入死した場面が、野球ファンの間で注目を集めている。

2-3、ドジャース1点のビハインドで迎えた7回表・ドジャースの攻撃。2死ながらも一塁に併殺崩れで入れ替わった大谷翔平、打席にはドジャースのポイントゲッター、3番フリーマンという場面で、フリーマンは初球に投じられた内角低め、ボール気味の変化球を鋭く振り抜くと、打球はライト線へと鋭く伸びる長打性の一打に。一塁走者の大谷は俊足を飛ばして二塁を蹴ると、続いて三塁も蹴って一気に本塁へ。なんとも微妙なタイミングではあったものの、中継から矢のような送球が戻ったこともあって、大谷は「セーフ」のジェスチャーをするも判定はアウト。同点のホームインは適わず、結局そのままドジャースが2-3で敗れることに。

なお、激走むなしく、あえなく本塁突入死となった大谷に、ネット上の野球ファンも大注目。「惜しいなぁ…ホント、セーフかと思ったのに」「誤審だらけのMLBじゃセーフになってても不思議じゃないわ」「困ったことに今日の審判優秀だわw」「コレアの送球も良かったからな」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル