top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

映画『猿の惑星/キングダム』 “人類よ、ひれ伏せ。” 強烈な印象を放つ日本版ポスターと特別映像が解禁!

YESNEWS

『猿の惑星』シリーズの完全新作で、5月10日(金)より全国公開する映画『猿の惑星/キングダム』(原題:Kingdom of the Planet of the Apes)の日本版ポスターと特別映像が解禁された。

本作の舞台は、今から300年後の世界。高い知能と言語を得た猿の暴君が絶対的な支配を目論み、巨大な帝国「キングダム」を築こうとしていた。一方で人類はウィルスにより退化し、知能や言語だけでなく、文化、技術、社会性までも失い、まるで野生動物のような存在となっていた。これまで、作品のテーマとして様々な形で描かれてきた“共存”と“対立”。完全新作となる本作では、猿と人間の共存をかけ、“猿&人間”VS“猿の独裁者”の新たなる衝突が圧倒的なスケールで描かれる。

メガホンを取ったのは、「メイズ・ランナー」シリーズ、『ゼルダの伝説』の実写映画の監督としても抜擢されたウェス・ボール。『To Leslie トゥ・レスリー』の熱演が話題となったオーウェン・ティーグが主人公・ノアを演じ、ある秘密を握る人間の女性・ノヴァ役にドラマシリーズ「ウィッチャー」のフレイヤ・アーランなど注目されている若手俳優が出演。若き猿・ノアと秘密を握るノヴァとの出会いがこの世界に大きな影響をもたらす。

今回解禁された日本版ポスターは、「人類よ、ひれ伏せ。」のコピーが一際強烈な印象を放つ。武器を手に持ち、ノアとノヴァの前に大きく立ちはだかるプロキシマス・シーザーが映されたこのポスターからも、彼の持つ圧倒的な権力と強い意志を感じる。

特別映像は、世界を支配し、人間を徹底的に排除しようと計画する独裁者、プロキシマス・シーザーが、築かれてゆく自身の帝国を前に、「なんて素晴らしい日だ」と放つシーンから始まる。さらに目の前にひざまずき忠誠を誓う猿たちにも、そのフレーズを何度も復唱させながら映し出されるのは、逃げ惑う人間を捕まえようとする猿たちの姿と、「人類に告ぐ。世界を支配するのは、猿だ」という言葉。立ち向かおうとする若き猿・ノアと秘密を握る人間の女性・ノヴァはその圧倒的な力に共に立ち向かい、猿と人間の共存の世界を目指せるのだろうか。

広告の後にも続きます

映画『猿の惑星/キングダム』

5月10日(金)全国ロードショー

出演:オーウェン・ティーグ、フレイヤ・アーラン
監督:ウェス・ボール
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

.
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル