top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

マクセル アクアパーク品川×『ベルサイユのばら』コラボイベント4月25日より開催!“海の舞踏会”テーマに王侯貴族の世界を表現

YESNEWS

マクセル アクアパーク品川で、2024年4月25日(木)から6月30日(日)の期間、池田理代子氏の漫画作品『ベルサイユのばら』とのコラボイベント「アクアパークのばら-いざ美しき海の舞踏会へ!の巻-」が開催される。

漫画から派生し、テレビアニメや宝塚歌劇団による舞台など、さまざまなジャンルで展開され幅広い年齢層から支持される『ベルサイユのばら』。そして、都心にありながら約350種2万点の生きものを展示し、多彩な演出でその魅力を伝える『マクセル アクアパーク品川』。
今回は作品と生きものが持つ“美しさ”、そして“世代を超えて愛される”という共通点から同イベントの開催が実現。本イベントのテーマは“海の舞踏会”。『ベルサイユのばら』の魅力のひとつ、誰もが憧れる華やかな王侯貴族の世界を海の中に表現した。

エントランスでは、中世ヨーロッパの宮殿を思わせるしつらえと、存在感のある「エスコート大階段」がゲストを出迎える。上部にはシャンデリア輝く様子をデジタルテクノロジーで描き、階段の両脇で鮮やかに咲く薔薇には、触れると“花びらが舞う”インタラクションな仕掛けも。
ゲストの足元を彩る“レッドカーペット”や主要キャラクターの装飾が空間をより華やかに演出し、中央の水槽には薔薇のように可憐で“棘”を持つ「ハナミノカサゴ」を展示する。

作品の舞台を彷彿とさせる煌びやかな“宮殿”の内装と、床面には可憐な花びらが絨毯のように描かれた美しい展示エリア「王妃のロイヤルバンケット」では、“高貴”な名前を持つ「ロイヤルデムワーゼル」「ロイヤルグラマ」や、個性的な舞(=泳ぎ)を披露する「へコアユ」や「オイランヨウジ」など、11本の水槽に14種類の魚たちが集い、優雅な舞踏会を繰り広げる。

また、作中で貴族相手に盗みをはたらく“黒騎士”が登場するサプライズタイムも開催。同キャラクターをイメージした「ブラックゴースト」の水槽から姿を現し、会場に展示された宝石(=ホウセキカサゴ)を華麗にさらってゆく。

広告の後にも続きます

そのほか、作画と装飾、そして主役の魚たちが織り成す7つの名シーン水槽が楽しめる展示スペース「追憶の花園」や、「白薔薇のワルツ」のエリア名を体現する、約5分間のプログラムも開催。“白薔薇=オスカル”に見立て、前半は黄色や白が基調のライティングで、キャラクターの持つ優雅さ、気高さをイメージ。後半は雰囲気をがらりと変え、華やかさの裏にある葛藤や苦悩をブルーのライティングで表現する。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル