top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

余命わずかのかつての同僚に伝えたい思い 800キロを歩く男 「ハロルド・フライのまさかの旅立ち」予告

映画スクエア

 2024年6月7日より劇場公開される、英国文学最高の賞であるマン・ブッカー賞にノミネートされ、日本では2014年の本屋大賞で翻訳小説部門の第2位となった小説「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」の映画作「ハロルド・フライのまさかの旅立ち」の、予告映像が公開された。

 映像は、1通の手紙をきっかけに、800キロの道のりを歩き始めるハロルドの姿が映し出されている。「伝えてください。ハロルド・フライが会いに行くと。僕が歩く限り、生き続けろと」と、手紙の送り主であり、病に侵された元同僚へ、そう力強くメッセージを残したハロルドは、その勢いのまま手ぶらでイギリス縦断の旅への旅立ちを決意する。

 雨に打たれながら寒さに凍え、小川で体を洗い、壮大で美しい草原の中で一休みする。800キロの道のりは決して楽な道ばかりではなく、時には危険や恐怖を感じることも少なくない。それでもハロルドは、“どうしても伝えたいことがある”と思いを胸に、800キロの道のりを1歩1歩進んでいく。どんな状況に置かれても決して諦めず、雄大な美しいイギリスの大自然に包まれながら、確かに歩みを進めていくハロルドの姿は、次第に人々の心を動かしていき、イギリス中を巻き込んだ大騒動へと発展していく。

 主人公のハロルド・フライを演じるのは、「アイリス」でアカデミー賞の助演男優賞を受賞したジム・ブロードベント。そして、夫・ハロルドのまさかの行動によって自身も変化していく妻のモーリーンを、「ダウントン・アビー」シリーズのペネロープ・ウィルトンが演じている。

【作品情報】
ハロルド・フライのまさかの旅立ち
2024年6月7日(金)公開
配給:松竹
© Pilgrimage Films Limited and The British Film Institute 2022

 
   

ランキング(映画)

ジャンル