top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

川西拓実、桜田ひよりらが、音楽を通してつながっていく姿 「バジーノイズ」映像

映画スクエア

 2024年5月3日より劇場公開される、JO1の川西拓実と桜田ひより主演の、むつき潤による同名コミックの映画化作「バジーノイズ」から、新映像となるTrailer [AZUR edition]が公開された。

 映像では、清澄(川西拓実)、潮(桜田ひより)、航太郎(井之脇海)、陸(栁俊太郎)、そしてドラマーの岬(円井わん)が、バンド「AZUR」を結成することで、音楽を通してつながっていく様子が描かれている。潮の「ほんまに音楽だけやったんね」、航太郎の「典型的なひとりよがりの打ち込み音楽」の言葉の通り、ひとりで音楽を奏でていた清澄だったが、陸や岬と音楽を奏でていく中で、自らの”鳴らしたい音”の世界を広げていく。

 他にも、会社員としての葛藤を抱える航太郎、そして「好きを続けるのムズイんだよ」という陸と、それぞれの悩みを抱えながら、自らの思いと向き合う登場人物たちの姿が、軽やかな音楽にのせて映し出される。そして、「早く行くならひとりで、遠く行くならみんなでって言うけど、あんたはひとりで遠くにいけるね」という岬の言葉にどこか寂しい表情をする潮や、涙を流す清澄の姿も重なる。

 「バジーノイズ」は、DTM(デスクトップミュージック)を題材とした作品。マンションの住み込み管理人をしながら、「音楽を奏でること」だけを生きがいにしている清澄。人と関わることを必要とせずシンプルな生活を送っていた清澄に、上の部屋に住む女性・潮があいさつを交わしてきた。その日失恋をしたと言う彼女は、毎日音漏れしていた清澄の音楽を楽しみに聞いていたと打ち明ける。やがて潮が投稿した何気ない演奏動画によって、自分の音楽を誰かに聴かせようなどと思ってもいなかった清澄の世界が大きく変わっていく。

 清澄を演じるのは、グローバルで活躍するボーイズグループ「JO1」の川西拓実。映画初主演となる川西が、静かな葛藤を続けるキャラクターを体現する。潮役は、「交換ウソ日記」の公開も控える桜田ひより。自分の気持ちに素直に生きる役を務める。監督は、昨年末に放送されたドラマ「silent」を手がけた風間太樹。桜田とは「silent」に続いて2度目のタッグとなる。

広告の後にも続きます

【作品情報】
バジーノイズ
2024年5月3日(金・祝)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
©むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル