top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

マレーシアのミルクティー文化【マレーシア】

ワウネタ海外生活


ミルクティーとバブルティーの文化は、アジア圏で非常に有名です。

同様の飲み物は日本では一般的に「タピオカミルクティー」として知られていますが、マレーシアではバブルティーとも呼ばれており、街中には多くのお店があります。

この現象の理由の一つは、マレーシアの食事文化にあります。マレーシア料理は一般的に辛さを特徴とすることが多く、辛い料理の後に甘いデザートを楽しむことが多いです。
そのため、甘いバブルティーが食後のデザートとして非常に人気があります。辛さと甘さの組み合わせが、多くの人々にとって魅力的となっています。

食後に甘いものを楽しみたいけれど、デザートはカロリーが気になるとき、ミルクティーが救世主となります。砂糖のレベルも選べるので、"slight sugar"(軽い砂糖)と注文することで、甘さを控えめに調整できます。
さらに、ミルクティーには様々なフレーバーが用意されており、毎回異なる味を楽しむことができるので、飽きません。

日本でも同様のお店が増えてきており、ミルクティーやバブルティーが楽しめます。ただし、価格はマレーシアと比較して約2倍程度高いことがあります。

 
   

ランキング(おでかけ)

ジャンル