top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

13歳少年と36歳女性の不倫 実際のスキャンダルをさまざまな角度から描く 「メイ・ディセンバー」公開決定

映画スクエア

 「キャロル」のトッド・ヘインズ監督最新作で、ナタリー・ポートマン、ジュリアン・ムーアが共演した映画「メイ・ディセンバー ゆれる真実」が、2024年7月12日より劇場公開されることが決まった。

 「メイ・ディセンバー ゆれる真実」は、1990年代に実際に起きた13歳少年と36歳女性のスキャンダルを、さまざまな角度から見つめたドラマ。36歳だった女性グレイシーは、アルバイト先で知り合った13歳の少年と情事におよび、実刑となった。少年との子供を獄中で出産し、グレイシーが刑期を終えると2人は結婚。その後夫婦は平穏な日々を送っていたが、事件の映画化が決定し、女優のエリザベスが、映画のモデルになったグレイシーとジョーを訪ねる。あの時の真相と、現在の秘められた感情。そこにある“歪み”はやがてエリザベスをも変えていく。

 「エデンより彼方に」「キャロル」などで、複雑に交錯する人間模様を描き出してきたトッド・ヘインズが、ナタリー・ポートマンとジュリアン・ムーアのオスカー女優を迎え、過去と現在、真実と憶測が混ざり合う心理戦を描き出す。次から次へと繰り出される新たな証言、”当事者”から湧き上がる意外な本心、そのすべてに意味を見出さずにはいられない”よそ者”の目。観客を“抜け出せない万華鏡”に誘う作品となっている。

【作品情報】
メイ・ディセンバー ゆれる真実
2024年7月12日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2023. May December 2022 Investors LLC, ALL Rights Reserved.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル