top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「笑われてもいいんです」梅宮パパにダメ出しされた羽賀研二「誠意大将軍」パフォーマンス/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

「ペアヌード」に「バカップル」、さらには「腐った橋」「稀代のワル」等々、多くの名言を生み、平成のワイドショーを大いに賑わせてくれたのが、羽賀研二だった。

 当時、羽賀は梅宮アンナと交際。だが、金銭感覚のルーズさもあり、アンナパパこと梅宮辰夫は結婚に大反対。すったもんだの末、1999年春にアンナが別離宣言をした。

 しかし、諦めきれない羽賀は未練タラタラで、

「僕は今でもアンナを愛している。彼女もまだそう思っているはずだ」

 しまいには、梅宮パパから「もやはこれまで。男らしくしなさい」と諫められるシーンが、今も記憶に残っている。

広告の後にも続きます

 そんな羽賀に付けられたニックネームは「誠意大将軍」。当時の羽賀は、本当に「誠意を尽くして」「誠意の気持ちで」と、なにかにつけて「誠意」という言葉を連発。いつの頃からか、芸能マスコミが皮肉を込めて、そう呼ぶようになった。

 アンナ問題で連日のバッシングが続く中、そんな羽賀に目を付けたのが、松竹の奥山和由プロデューサーだった。奥山氏は羽賀を近日公開する映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の15秒CMに起用。赤穂浪士姿に扮した羽賀が「誠意大将軍」と記された陣羽織にハチマキを巻き、「誠意」と大きく描かれたノボリを手に記者会見を開いたのは、1994年10月4日である。

 聞けばこの会見、同日公開された東宝映画「四十七人の刺客」に対抗するためだったらしいのだが、羽賀も「どっちを見るかは、誠意で選んでほしい」と猛アピール。会見では自分の言動を茶化すCMへの出演に抵抗はないのか、との質問が飛んだが、

「笑われてもいいんです。仕事ですから、見てくれるお客さんが喜んでくれればいいんです。今は落ち込んでいる場合じゃなく、いい意味でプラスにして仕事に反映できればいいと思っています」

 いたって前向きだ。しかし残念なことに、この「誠意CM」が梅宮パパには逆効果に。「言葉より態度で示してみろ」と畳みかけられ、2人の破局を後押しする形になってしまったのである。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル