top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

スポーツジャンルのダブルダッチとは?! 全日本選手権「ALL JAPAN 2024 TEAM」を解説!

FINEPLAY

2024年3月30日(土)・31日(日)、神奈川県川崎市・とどろきアリーナにて、ダブルダッチのアジア選手権大会の国内選考会となる「ALL JAPAN 2024 団体戦」が開催された。

ALL JAPANとは

「ダブルダッチ」というと、国内で主流なのはフュージョンスタイル(音楽と動きを合わせるスタイル)だが、ジャンプした回数を競ったり、技の難易度に応じて点数が加算される“スポーツ”スタイルもある。

今回のALL JAPANは、ダブルダッチだけでなく、シングルロープ(いわゆる 普通の縄跳び)も含めた「ジャンプロープ」全体のスポーツジャンルの全日本選手権。「個人戦」と「団体戦」があり、今回ダブルダッチは「団体戦」の中で開催される。 

そのスポーツジャンルのアジア選手権が、今年7月に川崎市で開催されることが決定。また同期間、同会場にフュージョンジャンルのダブルダッチ世界大会「DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2024」の開催も決定している。

アジアのみならず“世界規模のジャンプロープの祭典”とも言えるコンペティションが国内で開催されるというだけあり、ALL JAPANは一際盛り上がっていた。

ダブルダッチだけでなくシングルロープの種目も存在する

広告の後にも続きます

さて、この大会は数多くの種目・部門などに分かれている。
かなり複雑なルールとなっているため、おおよそ大会の仕組みが分かる〈5つのポイント〉をお伝えしよう。

なお、簡潔に説明することを優先しているため、説明中の図を含め、細かいルールについては省略している箇所も存在する
詳細なルールはJJRUのオフィシャルサイトをご参照いただきたい。

5つのポイント その①
個人戦・団体戦がある

先述の通り、この大会は「個人戦」と「団体戦」に分かれている。
個人戦はシングルロープのみだが、今回の団体戦で取り扱うのはシングルロープの“チーム”種目とダブルダッチとなる。

(注) ルールをもとに編集部で作成

 

5つのポイント その②
「種目・年代・性別によって分かれている」

前提として、ALL JAPANでは男子のみ・女子のみ・混合と、性別による区切りが存在。そして性別だけでなく年齢による区分もある。

(注) ルールをもとに編集部で作成

フュージョンスタイルのダブルダッチでは男女混合が主流だが、本大会のルールでは年齢だけでなく、性別による区切りも存在するのだ。

5つのポイント その
「アジア選手権へつながる“2つの道”

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル