top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「同じのほしいー!」愛子さまご着用で高額ながら人気爆発の「老舗ジュエリーブランド」

女性自身

「同じのほしいー!」愛子さまご着用で高額ながら人気爆発の「老舗ジュエリーブランド」(C)女性自身

この春大学をご卒業され、4月1日から日本赤十字社に入社された愛子さま。公の場にご登場されるたびにそのファッションに注目が集まるなか、愛子さまがお召になられているジュエリーブランドに熱い視線が注がれている。

 

そのブランドとは、ミキモト。愛子さま人気が高まる中、SNS上ではこれまで愛子さまが身につけられていたジュエリーがどこのブランドのものか“特定”する動きが加速。そのなかで、愛子さまがミキモトのジュエリーをよく身につけられていると注目が寄せられているのだ。

 

実際、3月27日に、神武天皇陵への移動のため三重県・宇治山田駅に到着された愛子さまの胸元にはリボンをモチーフにしたミキモトの真珠のブローチが。また、神武天皇陵ご参拝の際にもグレーのケープのうえにホワイトゴールドの曲線にパールがあしらわれた同社のブローチをご着用になっていた。このブローチは昨年5月に雅楽演奏会をご鑑賞にされた際にも着けられている。

広告の後にも続きます

 

「ミキモトは、戦後まであった“宮内省御用達”に選ばれていた老舗ジュエリーブランドで、皇室との繋がりは深いです。最近では、秋篠宮家の次女の佳子さまの“成年の儀”でお召しになったティアラもミキモトが手がけています。また、ミキモトの真珠は“ミキモト・パール”と呼ばれ、世界中で信頼される確かなブランドとなっています」(皇室担当記者)

 

神武天皇陵ご参拝の際に着用されていたブローチは、ミキモトのオンラインショップでも購入可能。価格は29万8100円だ。高価ながら、頑張れば手が届かなくはない金額だと感じる人も多いよう。SNS上では、愛子さまがお召しになられていることをうけ、ミキモトのジュエリーを求める人が続出している。

 

《ブローチ全然興味なかったんだけど愛子様の付けられているお姿が素敵でミキモトのブローチ欲しくなっちゃった 本当に素敵、、絶対買う》
《同じのほしいー!愛子様みたいに素敵な真珠に見合うレディになるぞ》
《愛子さまのイヤリングとかブローチとか素敵 パールっていいよねぇ。憧れる》
《ミキモトのブローチ買うときは、愛子さまとお揃いのデザインにしよーっと》
《頑張れば貯金を崩して手が届く金額だし、ブローチならこれからの卒園・入学シーズンで絶対使えるし、この歳になって宝飾品の1つくらい持っててもいいだろうの気持ちで欲しい》

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル