top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

西島秀俊、精神科の患者役でうつろな目や生気のない顔 青木崇高は精神科医の夫役 「蛇の道」

映画スクエア

 2024年6月14日より劇場公開される、黒沢清監督、柴咲コウ主演の、オールフランスロケによる日仏共同製作映画「蛇の道」に、西島秀俊、青木崇高が出演することが発表された。

 西島秀俊が演じるのは、パリで精神科医として働く小夜子(柴咲コウ)の元に通う患者・吉村役。公開された場面写真では、精神科医・小夜子のもとへ診察に訪れた吉村が、うつろな目でじっと何かを訴えるような姿や、小夜子のそばにぴったりと立ち、生気のない顔で見下ろす姿を見せている。青木崇高は、小夜子の夫・宗一郎を演じる。場面写真では、薄暗い殺風景な部屋でパソコンに向かい、パリに住む小夜子に語りかけているものの、画面を見つめる小夜子の表情は氷のように冷たく、夫婦の間に流れる溝の深さが計り知れないことが感じられる。

 「蛇の道」は、1998年に日本で劇場公開された黒沢監督による同名サスペンス映画を、黒沢監督自身によってセルフリメイクした作品。何者かによって8歳の愛娘を殺された父アルベール・バシュレ(ダミアン・ボナール)は、偶然に出会った精神科医の新島小夜子(柴咲コウ)の協力を得て、犯人を突き止め、復讐することを生きがいに殺意を燃やす。とある財団の関係者を2人で拉致していく中で、真相が次第に明らかになっていく。精神科医・新島小夜子役を演じるのは柴咲コウ。殺された娘の復讐に燃える男・アルベール役をダミアン・ボナールが演じる。

 黒沢清監督、西島秀俊、青木崇高のコメントも公開された。コメントは以下の通り。

【コメント】

広告の後にも続きます

■黒沢清監督 コメント
西島さん、青木さん、共にたった一日のパリロケでしたが、この映画に素晴らしい多様性と華やかさと、そしてただならぬ緊張感とをもたらしてくれました。現場では、柴咲さんも久しぶりの日本語の芝居でずい分リラックスしていらっしゃいましたが、いざカメラが回り始めると、互いの腹を探り合うような、お二人との不穏なやりとりに、フランス人スタッフたちもただただ圧倒されていたようです。

■西島秀俊 コメント(吉村役)
黒沢監督と再びご一緒できたこと大変嬉しく思います。
『蛇の道』はとても好きな作品です。あの復讐の物語が再び描かれる。しかも舞台はフランスということを聞き、驚き興奮しました。
私が演じた吉村は、監督が実際に会ったことのある人物にインスパイアされて出来上がったと伺い、現場で一緒に人物像を作り上げていきました。作品をご覧になる皆様に吉村という人間がどのように映るのかとても興味があります。そして柴咲さんと再び共演し、その鋭い感性と高い集中力に引き込まれる事で、小夜子と吉村の独特の緊張感を生み出すことが出来たのではないかと感じています。
『蛇の道』は復讐の果てにはいったい何があるのかが描かれています。これまでに見たことのない物語が待っていると思います。

■青木崇高 コメント(宗一郎役)
緊張と狂気をはらんだ物語とは全く違って、現場の雰囲気は監督のお人柄が映し出されているような、とても温かく心地のよいものでした。
フランスの現地スタッフに敬意を払いながら、1カットずつ丁寧に撮られる姿はとても印象的でした。
主演の柴咲さんは、撮影前からしばらくフランスで生活されていたからなのでしょう、佇まいがしっかりと馴染んでいて、大変驚きました。また立ち姿がとても美しく感じました。
国内外に多くのファンを持つ黒沢清監督の作品に関われたこと、同じ日本人としてとても誇らしく思いました。
この映画を世界のより多くの方に観ていただきたいです。

【作品情報】
蛇の道
2024年6月14日(金)全国劇場公開
配給:KADOKAWA
© 2024 CINÉFRANCE STUDIOS – KADOKAWA CORPORATION – TARANTULA

 
   

ランキング(映画)

ジャンル