top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

髪を黒に染め、濃いアイメイク エルヴィスの望むスタイルに変身 「プリシラ」本編映像

映画スクエア

 2024年4月12日より劇場公開される、ベネチア国際映画祭でケイリー・スピーニーが最優秀女優賞を受賞したソフィア・コッポラ監督作「プリシラ」から、プリシラが大邸宅グレースランドでエルヴィスと暮らすようになり、ライフスタイルもファッションも彼の望みどおりに変わっていく様子を描いたシーンの、本編映像が公開された。

 ドレスを選んだあと、エルヴィスはプリシラに、「黒髪にして、アイメイクはもっと濃く」と伝える。プリシラは笑顔でうなずき、髪を黒に染め、カールして高く盛ったヘアスタイルにし、濃いアイメイクを施す。こうして、可憐(かれん)な少女は恋人の望むスタイルへと変身を遂げる。このシーンでは、ボルチモアのエレクトロニック・アーティスト、ダン・ディーコンの曲「The Crystal Cat」が使われている。

 本作の音楽は、監督の夫トーマス・マーズのポップロックバンド「フェニックス」が担当。プリシラのテーマ曲となったフランキー・アヴァロン「ヴィーナス」や、ラモーンズの「ベイビー・アイ・ラヴ・ユー」、スペクトラムなど、当時の曲や最新の音楽も使いながら、スタイリッシュな世界観を作り上げている。

 「プリシラ」は、エルヴィス・プレスリーと恋に落ちた少女プリシラがたどる魅惑と波乱の日々を、プリシラの視点で描いた作品。14歳のプリシラは、世界が憧れるスーパースターであるエルヴィス・プレスリーと出会い、恋に落ちる。やがて彼女は、両親の反対を押し切って、大邸宅で一緒に暮らし始める。魅惑的な別世界に足を踏み入れたプリシラにとって、彼の色に染まり、そばにいることが彼女のすべてだったが・・・という物語が展開される。主演は、本作で第80回ベネチア国際映画祭最優秀女優賞に輝いたケイリー・スピーニー。

 また、一足先に本作を鑑賞した著名人によるコメントも公開された。コメントは以下の通り。

広告の後にも続きます

■小泉智貴 TOMO KOIZUMI (デザイナー)
なんとなく知った気になっていたプリシラのストーリー。
ソフィアのフィルターを通して観る誰もが夢みる展開は、ファッションやメイクなどあらゆるディテールへのこだわりで悪夢の場面ですら甘く美しい。
変わりゆく時代とともに変わっていくプリシラの姿に、現代を生きぬく力をもらった。

■MEGUMI(俳優・プロデューサー)
世界中の女性の憧れの存在であったプリシラが、実は、私達と同じような悩みや痛みを抱えていた事に驚きました。
変化していくプリシラに、いつのまにか自分を重ね合わせ、ビターな経験が人を豊かにしていくのだと勇気をもらいました。
ソフィア・コッポラさんの世界は相変わらず可愛いが詰まっていて本当に大好きです。

■中里唯馬 (ファッションデザイナー)
誰もが憧れるロマンスの裏側には、移ろうプリシラの生々しい内面が美しくも儚く描かれる。
この映画は、私たちに自らの人生を生きるとは何かを問いかける。 

■中野香織(服飾史家)
50年代の女学生服から60年代のビーハイブ黒髪とキャッツアイのポップクイーンスタイルを経て
70年代の軽やかなプリント柄とデニムへ。
14歳から27歳までのプリシラの変貌と心の揺れがファッションを通して繊細に切なく映し出される。

■北村道子(スタイリスト、衣裳デザイナー)
新人女優はソフィア・コッポラによって「映画」に出会う。
『プリシラ』、この作品は1人の女優の成長映画かもしれない。

■山本浩未(ヘア&メイクアップアーティスト)
お伽話からアイライン、そして本当の自分へ。
少女の夢の先の物語

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル