top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

杉咲花 涙ながらに”歪んだ正義”の間違いを訴える姿 「朽ちないサクラ」予告

映画スクエア

 2024年6月21日に劇場公開される、小説「孤狼の血」「佐方貞人」「合理的にあり得ない」などの柚月裕子による同名小説の映画化作「朽ちないサクラ」の、本予告映像が公開された。

 映像は、桜が美しく咲き誇る中、ストーカー殺人、警察の不祥事、親友の死と、事件が重なり合う緊迫の様子から始まる。捜査権のない警察事務職員・森口泉(杉咲花)は、警察の不祥事が明るみに出たことを、親友で新聞記者の津村千佳(森田想)によるリークと疑う。「信じてよ」という言葉を残し、自身の疑いを晴らそうと事件に迫っていた千佳は何者かに殺される。自責の念に駆られた泉、県警捜査一課を指揮する梶山(豊原功補)、捜査をする泉を上司として見守る元公安の富樫(安田顕)、生活安全課で勤務する磯川(萩原利久)らの正義がぶつかりあう。そして、泉が涙ながらに「歪んだ正義」が間違っていると訴える姿も見られる。

 あらたなキャストも発表された。泉の親友で新聞記者役の津村千佳役に森田想、生活安全課の磯川の先輩・辺見学役に坂東巳之助、千佳の上司で米崎新聞社の記者・兵藤洋役に駿河太郎、千佳殺害の捜査線上に浮かびあがる浅羽弘毅役に遠藤雄弥、公安の警察官役に和田聰宏、千佳の母親・津村雅子役に藤田朋子が顔をそろえる。

 小説「朽ちないサクラ」は、柚月裕子の「サクラ」シリーズのはじまりとなる作品。県警の広報職員という本来は捜査する立場にない主人公が、親友の変死事件の謎を独自に調査し、事件の真相と次第に浮かび上がる“公安警察“の存在に迫っていく異色の警察小説で、発行部数は続編の「月下のサクラ」と合わせて累計27万部を刊行している。

 主人公の県警・広報職員である森口泉を演じるのは、「市子」「52ヘルツのクジラたち」「片思い世界」と映画主演が続く杉咲花。本作では、“事務職のお嬢ちゃん”が自責と葛藤を繰り返しながら、強さを手に入れていく姿を繊細な演技で体現する。監督は、2024年5月公開の「帰ってきた あぶない刑事」に抜擢された原廣利。長編映画は本作が第2作となる。

広告の後にも続きます

【作品情報】
朽ちないサクラ
2024年6月21日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
©2024 映画「朽ちないサクラ」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル