top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

首相になってほしい男性スポーツ選手ランキング!3位室伏広治、2位イチローを抑えた1位は?

女性自身

首相になってほしい男性スポーツ選手ランキング!3位室伏広治、2位イチローを抑えた1位は?(C)女性自身

政治不信が高まっている昨今。自民党の裏金問題によって国民からは大ブーイングが起こり、確定申告の時期にはSNSで「納税が馬鹿らしい」との声が多数上がった。

 

また4月4日、裏金問題で自民党議員らの処分が決定したものの、安倍派幹部ら39名の処分が決まったいっぽうで46名の処分は見送られることに。党の総裁である岸田文雄首相(66)が“お咎めなし”だったことにも国民の不満は噴出しており、自民党ひいては岸田内閣に対する非難はいまだ収束の見込みがない。

 

そんななか「早く現状が変わってほしい!」との思いから、人望の厚い著名人に首相になってほしいと夢見る人も。そこで本誌は「いつか首相になってほしいスポーツ選手」というテーマで1000人にアンケートを実施した。今回はその男性編の結果をお送りする。

広告の後にも続きます

 

まず第3位はハンマー投の室伏広治(49)だ。日本選手権で20連覇達成という偉業を成し遂げている室伏は’04年のアテネオリンピックで金メダルを、そして’12年のロンドンオリンピックでも銅メダルを獲得。’16年6月に第一線からの引退を表明すると’20年からはスポーツ庁の長官となり、’21年の東京オリンピック・パラリンピックでは組織委員会の理事も務めた。

 

すでに政治の世界との距離も近い室伏に対して、アンケートでは《ハンマー投げとしての活躍とオリンピック委員会のリーダーとして指導していた実績があるから》《幅広い人脈があり、調整能力がありそうだから》との声が。さらに《実直な人柄》《誠実な人柄だから》《人柄と精進して結果を出してきたから》と人間性を讃える声も上がった。

 

《日本国内だけでなく、またアメリカやヨーロッパだけでもなく、アジアを含めグローバルな視点でものごとを見ていく必要があります》(「JSPIN」’22.07.20)と視野を広げることの重要性を語っている室伏。もし首相になったら、幅広い視点から、日本をより良くしてくれるかもしれない。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル