top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

佐藤寛太が5役 とがった表情の中学生、ほがらかな姿のクリーニング屋姿も 「不死身ラヴァーズ」場面写真

映画スクエア

 2024年5月10日より劇場公開される、「ちょっと思い出しただけ」の松居大悟監督による映画最新作「不死身ラヴァーズ」から、佐藤寛太が5役を演じ分けた姿を捉えた場面写真が公開された。

 場面写真では、長谷部りの(見上愛)が、運命の相手だと信じるさまざまな甲野じゅん(佐藤寛太)の姿が見られる。劇中で、何度も姿を変えてりのの前に現れる甲野じゅん。中学生時代の思春期ならではのとがった表情から、ギターを抱えたサブカルな雰囲気漂う姿、車いすに乗った青年の姿やクリーニング屋で見せるほがらかな表情、大粒の涙をこぼしながら不穏な表情で何かを見つめる大学生時代の姿と、佐藤寛太が5役を演じ分けた甲野じゅんが切り取られている。

 5人の甲野じゅんの演じ分けについて、佐藤は「自分がもしこう進んでいたら、こうなっているのかな、という延長で役を作っていった」というが、今回の役は「演じていて割と不安になってしまいがちな役だった」と語り、松居監督に相談しながら演じたという。主演の見上にも助けられたようで、「りのから来るエネルギーがすごいから、あまり小難しく考えるよりも、彼女とその日をどう向き合うかを大切にしました」と、撮影を振り返っている。

 「不死身ラヴァーズ」は、高木ユーナによる同名漫画を原作とした作品。長谷部りのが“運命の相手”と信じて追いかけるのは、両想いになった瞬間にこの世界からこつぜんと消えてしまう甲野じゅん。2人は人生の中で何度も出会い、その度にりのは「好き」と伝え、両想いになり、じゅんが”消える”という出来事を繰り返していく。それでも諦めないりののどこまでも真っすぐな「好き」が奇跡の結末を起こす。

 主人公・りのを演じるのは本作が初の映画単独主演となる見上愛。松居監督が「この人が映画の中に存在してくれたら、自分の思っているところよりも遠くに行ける気がした」とほれ込んだ見上は、中学時代から大学時代までをはつらつと演じている。りのの運命の相手・甲野じゅんを演じるのは、劇団EXILEに所属し、「HiGH&LOW」シリーズなどで知られる佐藤寛太。さらに青木柚、前田敦子、神野三鈴らが脇を固める。

広告の後にも続きます

【作品情報】
不死身ラヴァーズ
2024年5月10日(金)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー
配給:ポニーキャニオン
©2024「不死身ラヴァーズ」製作委員会 ©️高木ユーナ/講談社

 
   

ランキング(映画)

ジャンル