top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

桜田ひより 不安を抱える女性を、繊細かつ多面的に表現 「バジーノイズ」場面写真

映画スクエア

 2024年5月3日より劇場公開される、JO1の川西拓実と桜田ひより主演の、むつき潤による同名コミックの映画化作「バジーノイズ」から、桜田ひよりが演じる潮の姿を捉えた場面写真が公開された。清澄(川西拓実)をまっすぐに見つける姿のほか、物思いにふける様子などが切り取られている。

 マンションの管理人の仕事をする清澄と同じマンションに住み、他人の「いいね」だけを追いかけて生きてきた潮は、下の部屋から聴こえてきた「寂しくって、あったかい」清澄の音楽に初めて心を震わせる。たくさんの人に清澄の音楽を届けたいと願い、破天荒な行動をしていく潮だったが、そのうちまぶしすぎる清澄に複雑な思いを抱えていくこととなる。演じた桜田は、大胆でストレートな言動の芯に、「何者にもなれない、居場所が見つからない」という不安を抱えている潮を、繊細かつ多面的に表現した。

 本作の風間太樹監督とは、桜田がメインキャストを務めた「silent」でもタッグを組んでおり、潮役について監督から一番に出た名前が桜田だったという。原作者のむつき潤は、「潮役どうするんだろうという点は、我々原作サイドが「音楽どうするんだろう」というのと同じくらい比重をおいて関心を寄せていたポイントでした。観客に好かれるキャラクターでないといけないし、実写になる分ある程度現実に即していなければいけない。逸脱のバランスが難しかっただろうにそこを考えて切り取られた風間監督と実際演じられた桜田さんが素晴らしかったです」と絶賛している。

 「バジーノイズ」は、DTM(デスクトップミュージック)を題材とした作品。マンションの住み込み管理人をしながら、「音楽を奏でること」だけを生きがいにしている清澄。人と関わることを必要とせずシンプルな生活を送っていた清澄に、上の部屋に住む女性・潮があいさつを交わしてきた。その日失恋をしたと言う彼女は、毎日音漏れしていた清澄の音楽を楽しみに聞いていたと打ち明ける。やがて潮が投稿した何気ない演奏動画によって、自分の音楽を誰かに聴かせようなどと思ってもいなかった清澄の世界が大きく変わっていく。

 清澄を演じるのは、グローバルで活躍するボーイズグループ「JO1」の川西拓実。映画初主演となる川西が、静かな葛藤を続けるキャラクターを体現する。潮役は、「交換ウソ日記」の公開も控える桜田ひより。自分の気持ちに素直に生きる役を務める。監督は、昨年末に放送されたドラマ「silent」を手がけた風間太樹。桜田とは「silent」に続いて2度目のタッグとなる。

広告の後にも続きます

【作品情報】
バジーノイズ
2024年5月3日(金・祝)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
©むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル