top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「激似だったことがよくわかる」ファンも驚く40kg減量の演歌歌手、モノマネ芸人に風貌急接近の“大激変”

SmartFLASH

2017年のイベントでの大江裕。135kgといわれて納得の体格だ

 

 半年に1度の恒例番組『オールスター感謝祭』(TBS系)が、4月6日に放送され、出演者一同が騒然となる、ある“出来事”が起きた。

 

 芸能界の足の速さ自慢がそろう「赤坂五丁目ミニマラソン」の参加者を募る際、ひな壇に向かって、MCの今田耕司が「さあ、そしてRG!」と、レイザーラモンRGと思しき人物に声をかけた。ところが次の瞬間、「RGちゃうやん、大江さんやん!」と、目を見開いたのだ。今田がRGと思って指名したのは、演歌歌手の大江裕だった。

広告の後にも続きます

 

 

 一時、体重が135kgあった大江は、2023年夏に95kgまで減量したことを告白していた。大減量を経ての登場だったため、“激変”ぶりにスタジオはザワついた。

 

 レイザーラモンRGは、かねてから大江のものまねを持ちネタにしている。大江の40kgダイエットの結果、2人の風貌が近づいたようで、今田は「もうRGでしょ、ホンモノやん!」と驚きをあらわにした。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル