top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

コンビニレジ横の「フランク」食べ比べ!ファミマ・セブン・ローソン3社で味わいの違いはあるの?

東京バーゲンマニア

小腹がすいた時やおかずの一品、おやつなど、なにかと手を伸ばしたくなるコンビニのジャンボフランク。

今回はコンビニ大手3社(ファミリーマート・セブン-イレブン・ローソン)のコンビニジャンボフランクをピックアップ。重量や味わいの違いなどを検証しています。

セブンのジャンボフランクが最も重みあり

お皿の重さをのぞき、ジャンボフランクに串刺しした状態で重量測定しています。セブンイレブンが111gと最も重量があります。ついで、ローソン105g、ファミリーマート98gです。

ファミリーマート「ジャンボフランク」190円(税込)実食レポ

広告の後にも続きます

ドイツ産岩塩で肉の旨みで食べごたえ抜群な仕上がり。大きなサイズのフランクフルトです。1本あたり256kcal・たんぱく質11.5g・脂質20.5g・炭水化物6.4g・食塩相当量1.9g。

トマト&あらびきマスタード(1個5.5g)がついてきます。販売者はキユーピー株式会社。

フランクフルト表面には斜めに切れ目が入っていますね。一部焦げた跡がありますが、フランクフルトを蒸したようなビジュアル。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル