top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

2026年導入予定の「新マイナンバーカード」は何が変わるの? デザイン刷新、スペック強化、名称も変更! 

週プレNEWS


現行デザインのマイナンバーカード

デジタル庁が発表した次期マイナンバーカード。デザイン刷新、名称も変更されつつ、これまでの問題点はどのように改善されるのか? そして本年度中に開始されるという運転免許証や各種証明書との連携などマイナンバーカードの新機能を解説します!

★新マイナンバーカードはここが変わります!
新デザインでは氏名の【漢字】と【フリガナ】が併記され、これまでトラブルの原因となっていた"フリガナと漢字が一致しない問題"を解消させる。現行カードの【性別】表記はなくなり、データとしてICチップに内蔵。このほか、ICチップには【氏名】【生年月日】【住所】【カラーの顔写真】データも内蔵され、それらを新スマホアプリで読み取りも可能となる予定だ。

* * *

■次期カードはトラブルが完全消滅!?

3月18日、デジタル庁は『次期個人番号カードタスクフォース最終とりまとめ』として、2026年以降に登場予定の次期マイナンバーカードのデザインや新機能などを発表。2024年度はマイナンバーカードと運転免許証の一体化、iPhoneシリーズへのマイナンバーカード機能の搭載など、アップデートが盛りだくさん。

広告の後にも続きます

そんなマイナンバーカードの最新事情を、ITジャーナリストの三上 洋さんに解説してもらいます!

――まず、デジタル庁が発表した次期マイナンバーカード最終案のスペックとは?

三上 券面の表記的な違いは、【フリガナ】と【ローマ字】が表示されることです。これまでマイナンバーカードの氏名欄は【漢字】、もしくは希望した場合には【点字】表記されているだけで、フリガナはありませんでした。

一方、日本の銀行口座は【カタカナ】表示が基本なので、マイナンバーカードとの照合ができませんでした。これにより、他人の銀行口座がひもづけられるミスや、子供のマイナンバーカードに親の口座をひもづけるなどのイレギュラーが発生していたのです。

フリガナの記載は次期マイナンバーカードだけではなく、現行のマイナンバーカードも、24年度の戸籍法の改正後は、カードの更新時にフリガナが表記されるようになります。

これまでのマイナンバーカードにまつわるミスは、行政側のデータの照合・入力といった人海戦術的な作業から発生することが多く、カードにフリガナを表記するだけでも、これらのミスは発生しにくくなると思われます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル