top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

石橋貴明、ドジャース第1号ホームランに興奮「ワールドチャンピオンでまた帽子投げて欲しい」

マガジンサミット

[contact-form]

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明と、NPB・MLBで活躍後、現在「栃木ゴールデンブレーブス」に所属する川崎宗則が5日、東京・OMOTESANDO CROSSING PARKで行われた『「BOSS×SHOHEIOHTANI」カプセルコレクション』のポップアップストアローンチイベントに出席した。

「BOSS」のブランドアンバサダーを務める大谷翔平が、コラボレーションしたカプセルコレクションを展開。同ポップアップストアは、ユニークで予想外の方法でファッションと野球の架け橋になる、没入型イベント体験へと変貌を遂げる。

敷地内には公園があり、野球場からインスパイアされたオリジナルのフードやドリンクなどを販売するキッチンカーや、フォトスポットになる、巨大な野球ボールやキャンペーンビジュアルの巨大な壁画などが設置される。

イベントに出席した石橋は、ひと足先に店内を回ったようで「すごいかっこいいですね。」と笑みを浮かべ「なんで石橋貴明で作ってくんなかったんだ」とジョークを飛ばした。それに対して川崎は「貴さんでも大丈夫ですよ!(笑)」とフォローし、続けて「なんか雰囲気変わったBOSS。僕も昔から知っていますし、アメリカのボスもよく行っていますけど何か違う、『NEW BOSS』という新しい感じです」と目を輝かせていた。

新作の上下白のセットアップを着用した川崎は「これSHOEIさんとコラボしてるだけあって、貴さん、これ試合出れます。ストレッチが効いてめちゃくちゃ動きやすい。これ本当に投げれます。すごく着やすいし着心地がいい」と絶賛。石橋はネイビーの新作セットアップの感想に「僕の年齢でもまだかっこよく見せてくれるっていう、さすがBOSSって感じです」と褒め立て、「本当に軽いですよね。なんかもう着てない感じで寒いぐらいです」と会場を和ませた。

広告の後にも続きます

大リーグキャンプの取材で石橋は「ガッとバックスクリーンに入った」と語る大谷の本塁打に対して、「ドジャース第1号ホームラン、素晴らしかったですね。バキっていう音がして、金属音を超えていました」と熱く語った。

川崎は「去年、翔平さん40本以上打ってますので、今年、僕は40本以上50本はいくんじゃないかなと」と予想し、石橋も続けて「プレイオフに出てずっと言っていた、ピリピリした野球をやりたいっていう去年のWBCの優勝をした瞬間の、大谷くんの姿を見て『勝ちたいんだな』」と振り返り、「プレイオフに出て、ワールドシリーズ、そしてワールドチャンピオンでまた帽子投げて欲しい」と熱望した。

大谷翔平選手にちなんで「二刀流で頑張っていることは?」という質問に、川崎は自身の試合中に「大谷翔平選手がホームランを打ったらマネージャーから『打ちましたよ』と報告された時は、『ワイドショーに呼ばれるな、打ち合わせくるな』」と現役選手とコメンテーターの”二刀流”を話した。

石橋は「ほぼないですね」としたうえで「今年で63歳なんですけども63歳を迎えて、来年のスポーツ王でヒット打つことが今年一生懸命生きた証だと思ってますね」と展望を語った。

ポップアップストアは本日から5月12日まで開催を予定しており4月10日から順次、日本全国の百貨店およびショッピングモール7ヶ所にてオープンする

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル