top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

井浦新 カウボーイ姿で「ヒーハー!!」 モンタナの牧場を再建する日本人に 「東京カウボーイ」予告

映画スクエア

 2024年6月7日より劇場公開される、井浦新がアメリカ映画デビューにして初主演を果たした映画「東京カウボーイ」の、予告編が公開された。

 予告編映像では、ブランドマネージャーとして東京でバリバリと働く主人公ヒデキ(井浦新)の姿から始まり、舞台は大自然の広がるモンタナ州の牧場へ移る。経営不振の牧場を再建するために、スーツ姿で壮大な計画をプレゼンするが、牧場のカウボーイたちからは邪見に扱われるばかり。そんなヒデキは、「郷にいれば郷に従え」と、スーツを脱ぎカウボーイ姿になる。後半には、「ヒーハー!!」と叫び声をあげるヒデキの姿も映し出される。

 ほかにも、藤谷文子が演じる主人公の上司で恋人のケイコとの関係や、主人公とともにモンタナの牧場に同行する、國村隼が演じる和牛専門家・ワダの姿も見られる。また、舞台となる美しく壮大な大自然が広がるモンタナの牧場の風景も切り取られている。

 「東京カウボーイ」の舞台は、どこまでも空が続くことから「ビッグ・スカイ・カントリー」と呼ばれるモンタナ州。とある牧場の経営を立て直すためにやってきた主人公のヒデキは、壮大な計画をプレゼンするも、東京の常識は通じず、すぐに行き詰まってしまう。だが、いやいやながらもスーツを脱いでカウボーイ姿に着替え、自然や動物とともに生きる人々と交流するうち、人生を変える出会いが訪れる。

 主演を務めるのは井浦新。上昇志向の強い日本人ビジネスマンが、出張先のアメリカ・モンタナ州の牧場でカウボーイ文化に触れて変わっていく姿をまっすぐに演じる。ゴヤ・ロブレス、藤谷文子、ロビン・ワイガート、國村隼が出演し、藤谷文子はデイヴ・ボイルとともに脚本も務めている。監督は、かつて山田洋次監督の弟子入りを志願し、「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」の海外現場に参加した経歴を持つマーク・マリオット。“異邦人”が経験するさまざまな感情を、ヒューマンドラマに仕立てている。

広告の後にも続きます

【作品情報】
東京カウボーイ
2024年6月7日(金)YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー
配給:サンリスフィルム
© 2018 LAMF Shirley Inc. All Rights Reserved

 
   

ランキング(映画)

ジャンル