top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

林先生 AIが仕事を奪う可能性について「今じゃない」持論を語る

YESNEWS

予備校講師でタレントの林修こと林先生が本日4日(木)、都内で行われたアジア太平洋圏に事業拠点を置くKKCompanyの新製品『BlendVision AiM(ブレンドビジョン・エイム)』の発表会に出席した。

『BlendVision AiM(ブレンドビジョン・エイム)』は、文字や動画、音声など多様なデータを生成AI技術を用いて効率よく活用する法人向けマルチメディア対応AI プラットフォームを新たにグローバルにてローンチし、日本国内においても販売、サービスを開始。

今回、林先生はブランドアンバサダーに就任したことを発表した。

そして、林先生が出演するテレビCM「オンライン会議」篇、「研修動画」篇も同日より放映開始となる。

イベントでは、KKCompanyのトニー・マツハシ代表とディスカッションが行われた。

広告の後にも続きます

教育分野におけるAI活用について林先生は、「こういう事言うと批判が起きるかもしれませんが、(教育の世界は)遅れているところが多いです。勘や経験で指導がされている」と自らの持論を展開。

「例えば入試対策では、〇年分の入試問題を勉強しなさい、10年やれなど言いますが、なんの根拠もない」と例に挙げ、「AIで分析して、それを提案する。東進ハイスクールもAIの活用を始めているんですけど、今まで以上に効果を望める教育が実現できる。」と重要性を語った。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル