top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

憎きドイツ人女性を誘惑するため プールサイドで肉体美をさらけ出し女性を品定め 「フィリップ」場面写真

映画スクエア

 2024年6月21日より劇場公開される、ポーランド人作家レオポルド・ティルマンドの実体験に基づく自伝的小説の映画化作「フィリップ」から、新たな場面写真が公開された。

 自らの容姿を武器に、次々と憎きドイツ人女性を誘惑するユダヤ人青年のフィリップ。場面写真では、情事の後に切り捨てるという目的のため、プールサイドで肉体美をさらけ出して女性を品定めするフィリップの姿のほか、出会ってしまった運命の恋人・ドイツ人女性リザとの逢瀬を過ごす時間を捉えたもの、暴力に屈することなく真っすぐな目で自らの意思を主張する様子など、時代に翻弄されながら苦しい戦いを続ける”孤独な誘惑者”フィリップの姿を切り取っている。

 「フィリップ」の主人公は、ポーランド系ユダヤ人のフィリップ。1941年、ワルシャワのゲットーで暮らすフィリップは、ナチスによる銃撃によって、恋人のサラや家族、親戚を目の前で殺されてしまう。2年後、フィリップはフランクフルトにある高級ホテルのレストランでウェイターとして働いていた。自身をフランス人と偽り、戦場に夫を送り出し孤独にしているナチス将校の妻たちを次々と誘惑することで、ナチスへの復讐を果たしていたフィリップは、やがて知的な美しいドイツ人のリザと出会い、愛し合うようになる。だが、戦争は二人を引き裂いていく。

 レオポルド・ティルマンドによる原作は、ポーランド当局の検閲により大幅に削除されたものが1961年に出版されたが、発刊後すぐに発禁処分となり、2022年にオリジナル版が出版された。監督は、1990年代よりテレビプロデューサー兼演出家としてキャリアを重ねたミハウ・クフィェチンスキ。21世紀以降はポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督作品のプロデューサーとして、「カティンの森」「ワレサ 連帯の男」「残像」の製作を務めた。

【作品情報】
フィリップ
2024年6月21日(金)新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国公開
配給:彩プロ
(C)TELEWIZJA POLSKA S.A. AKSON STUDIO SP. Z.O.O. 2022

 
   

ランキング(映画)

ジャンル