top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ワンナイトラブの相手と飛行機で再会 男女の火花がバチバチ 「恋するプリテンダー」本編映像

映画スクエア

 2024年5月10日より劇場公開される、2023年12月のホリデーシーズンに全米で公開され、全世界興行収入が2.16億ドルを超えるヒットとなったラブコメ映画「恋するプリテンダー」から、本編映像の一部が公開された。

 公開されたのは、ちょっとした行き違いによって燃え上がった恋心が⼀気に凍りついてしまったビーとベンの2人が、数年後に飛行機で再会を果たしてしまうシーン。「君も結婚式へ?幸運な偶然だ」とベンから話しかけると、「そうは思えない」とトゲを含んだ返事をするビー。すると、ベンは「君の彼氏はこちら?」とビーの隣の席に座る老人へ向かって、「ベンだ。彼女のワンナイト相手だ」と下世話なカミングアウトをする。「短小男の強がりはそのくらいにして」といら立ちをあらわにするビー。すると、「俺はデカいよ」とベンが老人へウインクする。老人も「なんだって?」と返すコミカルなシーンとなっている。

 「恋するプリテンダー」は、ビーとベンが繰り広げるラブコメディ。弁護士を目指してロースクールに通うビーは、街角のカフェで出会った金融マンのベンと最高の初デートをするが、ちょっとした行き違いによって、恋心が一気に凍りついてしまう。数年後、そんな2人はオーストラリアで同じ結婚式に出席。再会した2人は、周囲も気を使うほどの険悪ムードだったが、復縁を迫る元カレから逃げたいビーと元カノの気を引いてヨリを戻したいベンは、お互いの望みをかなえるために恋人のフリをするというまさかのフェイク・カップル契約を結ぶ。というストーリーが展開される。

 ビー役を勤めるのは、シドニー・スウィーニー。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の出演で注目され、ゼンデイヤ主演の学園ドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」で2022年のエミー賞にノミネートされるなど活躍を続けている。ベン役はグレン・パウエル。「トップガン マーヴェリック」では、エリート・パイロットチームのメンバーであるハングマン役を演じた。監督は、エマ・ストーン主演「小悪魔はなぜモテる?!」や、ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・クニスが共演した「ステイ・フレンズ」など、ラブコメ映画を多く手がけてきたウィル・グラック。

【作品情報】
恋するプリテンダー
2024年5月10日(金)より全国の映画館で公開

 
   

ランキング(映画)

ジャンル