top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

新垣結衣 大嫌いだった姉を亡くし、その娘を引き取る小説家に 映画「違国日記」

映画スクエア

 2024年6月7日より劇場公開される、ヤマシタトモコの同名コミックを原作とした映画「違国日記」の、本ビジュアルと本予告が公開された。

 本ビジュアルで捉えられているのは、両親を亡くした朝(早瀬憩)が住むことになる叔母・槙生(新垣結衣)の部屋。小説家である槙生らしく、部屋には所狭しと本が並び、パソコンにも多くのメモが貼られている。そんな家に住むことになった、まだ15歳の朝と不器用な槙生のぎこちない雰囲気が収められ、「わかり合えなくても、寄り添えることを知った――」のコピーが添えられている。

 本予告では、槙生と朝が戸惑いながらも心を寄せ合っていく姿が映し出されている。大嫌いだった姉を亡くし、その娘である朝を引き取ることに戸惑う槙生を、親友の醍醐(夏帆)と元彼の笠町(瀬戸康史)が支えていく。朝の「なんで嫌いなの、お母さんのこと」という率直な質問に対し、「あなたの感情も私の感情も自分だけのものだから。分かち合うことはできない。あなたと私は別の人間だから」と真摯に答える槙生の言葉が、本ビジュアルにある”人は分かり合えなくても寄り添うことができる”というメッセージを反映している。

 さらに本予告では、「未来のミライ」「バケモノの子」などの細田守作品や、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」などの劇伴も担当した高木正勝による音楽のほか、十明が書き下ろしたインスパイアソング「夜明けのあなたへ」も聞くことができる。

 「違国日記」は、人見知りな小説家の高代槙生(35)と、その姪・田汲朝(15)という対照的な2人の同居譚。なかなか理解し合えない寂しさを抱えながらも、丁寧に日々を重ね生活を育むうちに、家族とも異なったかけがえのない関係になっていく様子を描く。高代槙生を演じるのは新垣結衣。オーディションで選ばれた新人の早瀬憩が、新垣とともにダブル主演を務める。メガホンを取るのは、「PARKS パークス」「ジオラマボーイ・パノラマガール」などの瀬田なつき監督。

広告の後にも続きます

【作品情報】
違国日記
2024年6月7日(金)全国ロードショー
配給:東京テアトル、ショウゲート
©2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル