top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

建築家 石上純也氏が手がけた「水庭」と本格フレンチを愉しめる宿泊施設

マガジンサミット

3 月 27 日(水)東京都千代田区に本社を置く株式会社タカラレーベンが4 月 1 日に新たに誕生する「那須 無垢の音」のオープニングセレモニー兼内覧会を実施しました。

セレモニーでは、株式会社タカラレーベンのホテル事業や「那須 無垢の音」についての紹介とブランドコンセプト、オーベルジュの顔となるレストランの紹介、客室である「スイートヴィラ」のご紹介があり、「那須 無垢の音」のシンボルともいえる「水庭」を手がけた建築家 石上純也氏が登壇。

会の終わりには、開業を記念してテープカットセレモニーが執り行われました。

この地との出会いから10年

オープニングセレモニーの開会に際し、株式会社タカラレーベン 代表取締役 島田和一氏からのご挨拶がありました。

二期倶楽部を創設した北山ひとみさんとの出会いがきっかけで、10年ほど前にこの地に足を踏み入れた島田和一氏。
「まさかこのような施設を作るとは夢にも思っていませんでした。」と当時を振り返りました。

広告の後にも続きます

ホテル事業については、2030年までに2000室のホテルを目指しており、2022年にはグループ初となる自社ホテルブランド「HOTEL THE LEBEN OSAKA」を大阪・心斎橋でオープンしました。

今回誕生する「那須 無垢の音」は、建築家・石上純也先生が手掛けた「水庭」、そして地産の美食と優雅な寛ぎを愉しめる「オーベルジュ」として開業し、7 月からはより気兼ねなくご宿泊いただける「B&B」をオープンする予定です。

お客様にご満足いただけるように、そしてリピートしていただけるような施設を目指していきたいと締めくくりました。

「水庭」を手がけた建築家 石上純也氏

石上氏は、「まずは『現代の庭とは何か』から考え始め、この場所にある自然の素材だけを使って人と自然が接することができるような場所を作ろうと考えた」と説明しました。

50年ほど前は水田だったため当時使われていた水門を利用して水を引き、かつてあった水田の景色を重ね合わせるようにして新しい景色を生み出していけないかという考えから、自然と人とが共存するアート「水庭」を創りだしました。

現在の宿泊施設エリアにあった約三百数十本の樹林を再配置することにより、森のような樹木の密度がありながらも、地面に太陽の光が届くような明るい環境を作り上げることができました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル