top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

自己開示と傾聴で積み重ねる。ラブリーサマーちゃんにとっての“安心できる”パートナーシップ|BLUE HANDS TOKYO

Qetic

性感染症予防の賛同者・体現者を増やすことを目指して開催される『BLUE HANDS TOKYO』FES。カラダや性にまつわる我慢やモヤモヤに目を向け、ひとつずつ「しかたなくない」に変えていく社会実装プロジェクト「#しかたなくない」と、オンラインピル処方サービス「スマルナ」や性感染症検査キットなどを提供する株式会社ネクイノがともに発足したプロジェクトだ。

4月14日(日)の『BLUE HANDS TOKYO』FES当日には、渋谷宮下パークにて、本プロジェクトに賛同するアーティストらの無料ライブが開催される。今回は出演者の1人・ラブリーサマーちゃんにインタビューを実施。ラブリーサマーちゃんの考える「良い恋愛」や「良いパートナーシップ」、安心できる関係性を築くためにできることなどを語ってもらった。

本記事には性的なトピックやエピソードが含まれます。 苦手に感じられる方は、予めご留意ください。

INTERVIEW:ラブリーサマーちゃん

楽しい恋愛がもたらすのは 「刺激」と「自信」

──今回の取材では、恋愛や性に関するお話をお聞きしていくのですが、ラブリーサマーちゃんにとって、そもそも恋愛は人生の中で重要なものですか?

うわ、いざ聞かれると難しいですね。自分の力で生きていくことを考えるとやっぱり1番優先してしまうのは仕事。でも、その次に来るのが恋人、友達、家族とかとのリレーションシップですかね。

「人と人との間に生まれる何か」みたいなものがめっちゃ好きなんですよね。そういうもののために生きている感覚があるので、優先度は高いです。その中でも、恋愛が占める割合は大きいかもしれない。恋愛オタクなので(笑)。

広告の後にも続きます

──恋愛オタク!具体的に、恋愛のどんなところが楽しいですか?

恋愛に限らず、友達とか家族とか仕事とか、全部の人間関係でそうなんですけど、お互いに刺激と自信を与え合える関係が築けた時は楽しいなと思います。

──刺激と自信。それは例えばどんな時に感じるのでしょうか?

恋愛だと、そもそも最初から「!」とか「?」から始まることが多くて。自分の中にはなかった要素を相手が持っていた時に、びっくりしてときめいて恋が始まることが多いですね。

例えば、自分には良さがわからなかった映画でも、恋人がたくさん良いところを見つけていたら、「こんなこと考えるんだ」「こんな視点があったのか」と刺激を受けます。

あとは、私は普段彼氏に「あいちゃん」と呼ばれているのですが、「あいちゃんはすごく素敵な人だね」「あなたも素敵な人だね」とお互いに自信を与え合えるような関係だと理想的だなと思います。

  • 1
  • 2