top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

犬が『他人と仲良くできない』理由3つ 飼い主以外の人を避けるワケや原因とは?

わんちゃんホンポ

犬が「他人と仲良くできない」理由

犬と一緒の生活をしていても、家にお客さんがくることもあれば、お散歩の途中で知り合いに会うこともあります。

このとき、愛犬に愛想よくしてもらいたいものですが、実際にはあまり他人に対して仲良くしようとしない犬もいます。

では、なぜ飼い主以外の人間と仲良くしようとしないのでしょうか。

そこで今回は、犬が「他人と仲良くできない」理由について解説します。飼い主以外の人を避けるワケや原因を知って、気まずい雰囲気を解決できるようにしましょう。

1.あまり他人と会う機会がない

飼い主以外の人間と仲良くしようとしないのは、飼い主以外の人に「慣れていない」からです。

広告の後にも続きます

近年、犬は基本的に室内飼育されていることが多く、日常的に触れ合うのは飼い主や家族だけです。子犬のころから触れ合う人間が制限されている生活を送っていると、社会化期に適切な人間との距離感を学ぶことができません。

そのため、普段会うことがない人間にどう接してよいかわからず、知らんぷりをするようになるのです。

このような犬の場合、毎日ちょっとずつでも他人に会わせて、少しずつ触れ合い方を慣らしてあげると仲良くできる可能性があります。

しかし、急に一気に距離を縮めようとせず、毎日顔を合わせるだけにしたり、ちょっとだけ声をかけたり、というところから始めてみましょう。まずは「家族以外の他人でも怖くはない」ということを教えてあげましょう。

2.他人によい思い出がない

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル