top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

犬が『シャワーを嫌がる』3つの理由 お風呂嫌いな愛犬に慣れてもらうためにできることとは

わんちゃんホンポ

犬が「シャワーを嫌がる」理由

犬は猫ほど水が苦手な印象はありませんが、それでも中にはお風呂やシャワーを嫌がる犬は存在します。とくに、シャワーを嫌がってしまうと、散歩から戻ってきた時などに困ってしまいますよね。

そこで今回は、犬が「シャワーを嫌がる」理由について解説します。あわせて、お風呂嫌いな愛犬に慣れてもらうためにできることについても紹介しますので、参考にしてくださいね。

1.音が怖い

犬がシャワーを嫌がるのは、シャワーから出る水の音が怖いからです。

水圧の高いシャワーは、人間にとっては洗いやすく使いやすいものですが、犬にとっては怖いと感じる原因になりやすいものです。水が勢いよく出るため、音も大きくなりますし、体に当たる水の勢いも強くなります。

シャワーから出る水の音が怖く、お風呂嫌いな愛犬に慣れてもらうためには、シャワーから出る水の量を減らしたり、シャワーヘッドを水圧の低いものに買い替えたりすることで対応できます。

広告の後にも続きます

また、シャワーを使わず、浴槽にお湯をため、バケツ等を使ってかけ流すという方法もおすすめできます。

2.濡れることが苦手

犬がシャワーを嫌がるのは、濡れることが苦手だからです。手足を洗うだけでも嫌がる、雨の日のお散歩を嫌がる、などの特徴があります。とくに顔が濡れることを嫌がる犬が多いのではないでしょうか。

皮膚が濡れることを不快に感じる犬もいれば、被毛や皮膚が濡れることに命の危険を感じる犬もいます。

また、犬の被毛や皮膚が濡れると、乾くまでに時間がかかります。乾くまでの間、体温が奪われてしまいやすいです。犬にはドライヤーで乾かすという概念がありません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル