top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

犬に『じゃがいも』絶対NGな与え方4つ 食べさせても問題がない量や注意点

わんちゃんホンポ

犬に「じゃがいも」絶対NGな与え方

じゃがいもは、ビタミンB1やビタミンC、カリウムや食物繊維などを含んでおり、犬に与えても大丈夫な野菜です。甘味があり、犬も好んで食べるのではないかと思います。

じゃがいも100gあたりのカロリーは76kcaで、さつまいも100gあたり131lkcalと比べると、低糖質かつ低カロリー。そのため、ごはんのトッピングやおやつにも適しているのではないでしょうか。

注意しなければならないのは、犬へのじゃがいもの与え方です。

そこで今回は、犬に「じゃがいも」を与える場合の絶対NGな与え方について解説します。愛犬にじゃがいもを与えたいと思った際にはぜひ参考になさってください。

1.生のじゃがいも

犬に生のじゃがいもを与えることは、絶対にNGです。

広告の後にも続きます

じゃがいもは生のままだと消化に悪いため、犬が下痢をしたり嘔吐をしたりする原因になってしまうことがあります。

犬にじゃがいもを与える場合は、「茹でる」「蒸す」「焼く」など、十分に加熱してから与えるようにしましょう。

2.発芽しているじゃがいも

犬に発芽しているじゃがいもを与えるのは、絶対にNGです。

じゃがいもの芽には、「ソラニン」や「チャコニン」という毒素が含まれており、犬が食べると食中毒を引き起こす可能性があります。

じゃがいもから芽が出てしまっているときは、加熱する前に芽を完全に取り除いてください。芽が出ていた部分は、過食部分も含めて多めに取り除くと安心です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル