top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

犬が『人の頭の近くで寝る』心理5選 寄り添って眠る理由や飼い主への気持ちとは?

わんちゃんホンポ

犬が『人の頭の近くで寝る』心理5選

犬が飼い主に寄り添うように眠ることはよくあります。では、犬が『人の頭の近くで寝る』のには、どのような意味があるのでしょうか。ここでは、犬が飼い主や家族の頭の近くで寝る心理について解説します。

1.寄り添って眠るのは集団行動の名残

そもそも犬は群れで集団行動していた動物です。眠るときは仲間と一緒に眠り、お互いに守り合っていたと考えられています。

そのため犬が飼い主に寄り添って眠るのは、集団行動をしていた頃の名残だという説も非常に濃厚です。特に仲間の中でも親しい間柄や親子関係など、自分が信頼できる相手の近くに寄り添って眠りたいという思いが働いていると考えられます。

2.飼い主が隣にいることで安心できる

犬にとって飼い主は一緒にいるだけでも安心できる存在です。飼い主が隣にいることで安心して眠ることができるため、寄り添っていたいと思う犬が多いのでしょう。

また、飼い主の体の部位の中でも頭の近くは、飼い主の表情を確認できたり呼吸音を確認できたりと、飼い主の存在をより視覚的にも聴覚的にも感じられる場所です。より近く安心感を得られると考え、頭の近くを選ぶ犬も多いと思われます。

3.何かあってもお互いに守り合える

広告の後にも続きます

犬が人の頭の近くで寝る心理の1つとして、何か怖い出来事があってもお互いに守り合うことができるという理由があります。これは先に紹介した集団行動を取っていた頃の名残にも似ています。

犬は一緒に眠ることで敵に襲われた時にもお互いに守り合ったり、瞬時に敵が近づいてきたことを察して仲間と一緒に対応したりしていました。現在も家族の頭の近くで眠り、守り合えるよう準備している犬は多いです。

4.飼い主の真似をして枕を使っている

犬は人間と一緒に暮らしていくうちに、人間の生活の行動や習慣を真似することがあります。飼い主が枕を使って眠っている様子を見て、自然と同じような行動をとる犬も多いようです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル