top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

伊藤万理華、主演作『パーセント』出演は「大袈裟でもなく、生き方が大きく変わりました」 

Real Sound

(左から)伊藤万理華、和合由依

 5月11日よりスタートするNHK土曜ドラマ『パーセント』の試写会・合同取材会が4月3日に開催され、主人公・吉澤未来役を務める伊藤万理華、宮島ハル役の和合由依、プロデューサーの南野彩子が出席した。

参考:岡山天音、結木滉星、水野美紀、菅生新樹ら、伊藤万理華主演ドラマ『パーセント』出演決定

 ローカルテレビ局「Pテレ」のバラエティ班で働く未来は、ドラマ班へ異動することを目標に日々奮闘していた。そんな中、自分が書いたドラマの企画書が通ったという大ニュースが飛び込む。喜んだのもつかの間、部長からドラマの主人公を“障害者”に変更できないか、との相談があった。局で行っている「多様性月間」の一環なのだという。障害のある俳優を起用することを条件に企画が進む中、車椅子に乗った高校生で俳優を目指しているハルと出会った。彼女に魅力を感じてオファーしたが、ハルから「障害を利用されるんは嫌や」と言われて……。

 本作を企画した南野プロデューサーは、以前、バリアフリー・バラエティ『バリバラ』(NHK Eテレ)を担当していたときに「障害のある俳優さんも当たり前にドラマに出られたらいいのに」と漠然と思っていたという。しかし、ドラマ部に異動し、自身が当事者となったとき、さまざまなことで立ち止まったと回顧。「いざ自分が当事者になると、できないことにすごく歯がゆさを感じて……。改めて、まずは障害のある俳優さんを迎える現場を作りたいと思いました」と明かした。

 撮影を終えての心境を問われた伊藤は「本当に大袈裟でもなく、生き方が大きく変わりました」とコメント。「世界への見方だったり、日常の些細なことだったりもそうなんですけど、 対人(たいひと)と丁寧に会話しようって。今までものづくりをする上で意識はしていましたけど、より周りの大切な人にも、ちゃんと言葉を尽くしたいなと思いました。それほど影響を受けました」と述べた。

広告の後にも続きます

 東京2020パラリンピック開会式の「片翼の小さな飛行機」役として注目を浴びた和合。今回ドラマ初出演となる彼女は「撮影期間中、初めて1日中お芝居をすることを経験して、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました」と回顧。慣れないこと、不安なこともあったが、伊藤から影響を受けたこともあったとしつつ「やりたいことを精一杯できてすごく良かったなと感じています」と振り返った。

 そんなドラマ初挑戦の和合について、伊藤はどんなことを感じたのか。質問されると「誰とでもフラットで。その物おじしない様子がオーラとして出ているから、“あ、ハルちゃんだ!”って思いました。私はまだ未来に入る前でしたけど、由依ちゃんと出会って未来の気持ちが分かったというか、準備していた概念を取っ払えたのが由依ちゃんと出会った瞬間です」と答えた。

 続けて、「(和合が)お芝居をすると、パッと光るものが見える瞬間があって……。“こんな瞬間に立ち会えて幸せだな”と思っていました。 自分が初めてお芝居に触れたときだったり、映像現場でときめいた感覚だったりを由依ちゃんを見て思い出していました」と述べると、和合は「ちょっと待って。嬉しすぎる! ありがとうございます」とはじける笑顔で礼を述べた。

 南野プロデューサーには、2人を起用した理由について質問が投げかけられた。手紙4枚に渡って想いを伝え、オファーしたという伊藤については「画面で観ていても、画面の外に人間の感情が伝わってくるような魅力的な演技をされる方なので、いつかご一緒してみたいなと思っていました」と説明。クランクアップの日には、伊藤から手紙の返事をもらったと明かした。

 一方、和合は、オーディションで出会ったという。パラリンピックでの演技は観ていたが、実際に会うと「喋りも本当に上手で、最初の自己紹介から、審査員全員『この子すごい!』と魅力を感じていました。台詞のあるお芝居を初めてやる、ということだったんですけど、もうすごく堂々としていましたし、朝ドラヒロイン的なキラキラ光る原石感があって、すごく素敵でした」と初対面を回顧。彼女がいたことで、キャラクターも固まったそうで「ビビッときた」と表現した。

 最後に、取材会を延長するほど、胸に秘めたる熱い想いを語ったキャストの2人。伊藤は「今やっていらっしゃるお仕事などで人と向き合うとき、ぶつかる壁もあると思うんですけど、最初に目指していたものや、“憧れのものを目指して、ときめいた瞬間ってなんだったっけ”と、ある種の初心みたいなものを『%』を機に振り返っていただき、忘れないでほしいなと思う作品です。どうぞよろしくお願いします」と挨拶した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル