top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

宮藤官九郎さん脚本「季節のない街」4月5日OA第1話あらすじ “電車の運転手”六ちゃん(濱田岳)が少女をおぶって出発進行! やがて思わぬトラブルに…

iza!

宮藤官九郎さん脚本「季節のない街」4月5日OA第1話あらすじ “電車の運転手”六ちゃん(濱田岳)が少女をおぶって出発進行! やがて思わぬトラブルに…(C)iza!

脚本家の宮藤官九郎さんが企画と監督も兼ね、俳優の池松壮亮、仲野太賀、渡辺大知が出演する連続ドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第1話が5日深夜(0時42分~)に放送される。

宮藤さんが20代のころから温めていた企画で、昭和30年代に作家、山本周五郎が新聞小説として書き下ろした同名作品が原作。誰もがその日の暮らしに追われる裕福とはいえない街で、弱さやずるさを隠さずにたくましく生きる個性豊かな住人たちの悲喜を紡いだ短編集を、12年前に起きた“ナニ“と呼ばれる大災害を経て建てられた仮設住宅のある街に舞台を置き換え、現代の物語として再構築した。希望を失い、猫のトラとともにやってきた主人公、“半ズボンの半助”こと田中新助(池松壮亮)が、住人たちの姿に希望をみつけ、人生を再生していく青春群像エンターテインメント。

「季節のない街」第1話あらすじ

半助は、三木本(鶴見辰吾)という怪しげな男の指示で、仮設住宅に住む人々の暮らしぶりを報告する仕事を請け負う。

半助がその街で初めに出会ったのは、電車の運転手を自称する「六ちゃん」(濱田岳)という男。「どでんどでん…どですかでん…」と電車の走行音を声に出しながら街を走り回る六ちゃんだが、その電車は彼以外の人の目には映らない。六ちゃんの母、くに子(片桐はいり)は、「一人で街の外に出るんじゃないよ」といつも心配している。

広告の後にも続きます

ある日、六ちゃんは、小学校からの帰り道に足をけがをした少女から頼まれ、戸惑いながらも彼女をおぶって本物の電車が走る街の外へと繰り出していく。やがて、その行動が思わぬトラブルへと発展する。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル