top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

猫にはカレーが危険な4つの理由と誤食したときの対処法 シチューは辛くないから平気?

ねこちゃんホンポ

猫にはカレーが危険な理由とは

カレーの匂いに誘われて、思わずクネクネしてしまう猫の動画を見たことがあるでしょうか。そこまで大胆な反応は見せずとも、カレーに興味を持つ猫は意外と多いものです。

猫にとって魅惑の存在であるカレーですが、実は猫にとって危険な食べ物なのです。

そこで今回は、猫にはカレーが危険な理由について解説します。また、合わせて、猫がカレーを誤食してしまった際の対処法についても解説しますので、ご自宅でカレーをよく召し上がる場合はぜひ確認しておきましょう。

1.スパイスによる刺激が危険だから

ご存じの通り、カレーには様々な香辛料(スパイス)が含まれています。

カレーを目の前にするとマタタビに対する反応と似た動きをするのは、まさにスパイスによるもの。猫の好奇心をそそるものなのです。

広告の後にも続きます

愛猫がただ香りを楽しんでゴロゴロと寝転がるだけであれば良いのですが、カレーを実際に舐めてしまうのは大変危険です。

刺激物である香辛料を口にしてしまうと、胃腸炎や内臓障害を引き起こす恐れがあります。誤食に気づいた時点で既に消化器症状(下痢や嘔吐)が見らるようであれば、すぐに動物病院を受診してください。

尚、市販のカレーの素等を使用した場合は、原材料等が明記された箱や袋を持参してください。オリジナルでルーから手作りされたカレーの場合は、使用した香辛料を持参して獣医さんに直接伝えましょう。これらの情報が診察に役立ちます。

2.玉ねぎがNGな食材だから

カレーはそのスパイスもさることながら、カレーの必須素材である「玉ねぎ」も、猫にとっては危険な食材です。

玉ねぎに含まれる『アリルプロピルジスルファイド』という成分には、猫のヘモグロビンを破壊する働きがあります。誤って摂取してしまうと、血尿や貧血などの症状があらわれる恐れがあります。仮に無症状だったとしても、血液中に異常が認められる場合があります。

こちらもやはり誤食に気づいた時点で、かかりつけの動物病院とコンタクトを取りましょう。即受診の指示があれば、病院へ連れて行ってください。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル