top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

猫の体に優しい『床材』3選 畳、フローリング、カーペット…どれが猫の足には負担が少ない?

ねこちゃんホンポ

猫の体に優しい「床材」とは

上下運動を好む猫にとって、床材が硬いと関節に負担をかけてしまうことがあります。

では、猫が安心して運動できるようにするためには、飼い主としてどのような床材を選べばよいのでしょうか。

1.クッションフロア

「クッションフロア」の見た目はフローリングのようですが、クッション素材が入っているため、触ると柔らかいのが特徴です。

ビニール素材なので水に強く、猫の粗相や嘔吐で汚れてもさっと拭き取ることができます。デザインも豊富で賃貸でも気軽に敷くことができるのでおすすめです。

デメリットは傷がつきやすく、爪が引っ掛かり、中の素材が出てしまうことがあるところです。

広告の後にも続きます

クッションフロアを床材に選んだ場合には、愛猫の爪とぎの頻度を多めに設置し、こまめな爪切りをすることで対策をしましょう。

2.タイルカーペット

「タイルカーペット」は、フローリングの上に細かくカットされたカーペットを敷き詰めます。

通常のカーペットであれば、粗相などで汚してしまった場合の掃除が大変ですが、タイルカーペットは汚れた部分だけ交換できるので、いざというときのお手入れがとても楽なのが特徴です。

カーペットなので猫の足腰への負担も軽く、騒音も軽減してくれます。

3.コルク

コルク素材の床はあまり知られていないかもしれませんが、実はクッション性に優れた素材で、猫の足腰への負担や騒音を減らしてくれます。

見た目もおしゃれなので、部屋のデザインにこだわりたい方にもおすすめです。新築やリフォーム時にコルク素材の床を注文することもできますが、シールタイプのものも販売されており簡単にコルク素材に変えることもできるようです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル