top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

映画「タイタニック」の悪名高き木の板が1億800万円で落札される

カラパイア


 世界規模の大ヒット映画「タイタニック」で、史上最も熾烈な議論の渦に叩き込まれたあの「木の板」が、先月23日オークションで落札された。1997年公開以来なにかと取り沙汰されてる小道具の価格は、なんと約1億800万円の値が付いた。

 現実に起きた「タイタニック号沈没事故」をもとにした本作は、貧しい青年ジャックと上流階級の娘ローズのドラマチックなラブストーリーとして有名だ。

 その象徴である「木の板」は実は通称で、作中は「ドア枠の破片」として、メインの2人にとって重要な大役を果たした。

 それゆえに監督のジェームズ・キャメロン氏が自ら動くほど、ファンの間で起きた激しい議論にさらされてきた。いわば小道具界の苦労人だ。




‘Titanic’ wood panel that saved Rose sells for $718,750 at auction

映画「タイタニック」の木の板が1億800万円で落札

 かの有名な映画「タイタニック」に出ていた「木の板」が、アメリカの多国籍オークション ハウスオークションに出品され、ある買い手によって、71万8750ドル(約1億800万円)で落札された。

 映画史上最も物議を醸したとされる本品を取り扱ったヘリテージ・オークションズは、この小道具を、ケイト・ウィンスレット扮する”ローズ・デウィット・ブケイター” の浮きになって彼女を守ったお手柄な木の板、として出品したもよう。

 その結果がなんと1億円超。公開から27年たった今でも「タイタニック」のあの「木の板」には多くの入札があり、積めば船さえ沈めるほどの大金で落札されたのだ。

image credit:Heritage Auctions

本物のタイタニック号から回収した残骸がモデル

 ヘリテージ・オークションズの説明によると、実はこの「木の板」は適当に作られたものではない。

 1912年に実際に沈没した、本物の「タイタニック号」から回収された「最も有名な完全な残骸」を原型にバルサ材で作られたそう。
ドアと間違われることが多いですが、この装飾的な構造物は、実際には(タイタニック号の)ファーストクラスラウンジの入り口の真上にあるドア枠の一部でした
 それがこのたび、ハリウッド映画がテーマのレストラン、プラネット・ハリウッドによる映画記念品オークションの一部として出品されたのだ。



「2人とも木の板で浮かんでられた」論争

 またこのオークションハウスは、この映画につきものの「木の板にまつわる論争」についてもふれている。
タイタニックを象徴するこの小道具は、ファンの間で多くの議論の的になりました。その多くは、これがローズ(ケイト・ウィンスレット)とジャック(レオナルド・ディカプリオ)の2人を支えて浮かんでられたはず、という主張です

ジェームズ・キャメロン監督が論争に終止符を打つ調査を決行

 この論争は、後に監督も巻き込む事態に発展。さらに調査まで行われていたのだ。

 当時の世界最高興行収入を記録するほど、空前の大ヒットとなった「タイタニック」は、レオナルド・ディカプリオを一躍スターにした代表作でもあった。日本でも公開を境に「レオ様!」と熱狂するファンが大勢できたぐらいだ。

image credit:Titanic (C)2012 Twentieth Century Fox

 そんな背景もあり、世間をにぎわした論争は、ジェームズ・キャメロン監督をも動かした。他の番組で科学的な検証と称して取り上げられ、誤りだといわれるたびに監督自身が反証までしてきた。

 そして2022年。たび重なる主張にうんざりしていた監督が、ついにこの論争にきっぱりと決着をつけるため、専門家と徹底的な法医学的分析を行ったのち、映画のいかだを再現するなど科学的調査を依頼した。

公開25周年で科学的誤りなしと結論。結末に後悔も無し

 この件については「あの映画のラストに不満だ」という人々の声を聞かされてきた監督が、カナダのトロント・サン紙の公開25周年インタビューでこう明かしている。
ケイトとレオと同じ体格のスタントマン2人を使い、彼らのあちこちにセンサーをつけました。そして氷水に入ってもらい、さまざまな方法でテストしました
 結論からすると、あのシーンに科学的な誤りはなかった。また「あの結末に後悔しているか?」という問いに対しても、監督は力強く否定していた。

 ていうかジェームズ・キャメロン監督よほど嫌になってたんだろうな。それほどこの作品に引き込まれ、キャストに感情移入した人が多かった、ともとれるわけだけど25年て。

監督「さらに25年たてばもうやらずに済むはず」

 名作化した映画「タイタニック」は、アメリカのバレンタインデーに劇場でよく再公開されるそう。監督も「あともう25年もたてば、さすがにこんなのやらずに済むようになる…たぶんね」と語っていたそう。

検証したい人にもおすすめとアピールされた「木の板」  はからずも有名になった「ドア枠の一部」も、相当長いこと批判に耐えていたもよう。にしても、30年近く経った映画の小道具が1億超えとは根強い人気すぎる。

 確か自分がはじめて観た時は「そこは交替しようよ」「もっとでっかい板とか早く!」とか思った気がする。みんなはどうだった?

References:upi / entertainment / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

 
   

ランキング(動画)

ジャンル