top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

岩手県での無料講演会にもしかして…~島田洋七『お笑い“がばい”交遊録』

週刊実話WEB

島田洋七 (C)週刊実話Web

東日本大震災は今年3月11日で13年となりました。被害の大きかった岩手県出身の野球選手が大活躍ですね。

佐々木朗希選手に大谷翔平選手。中でも、大谷選手はニュースで見ない日がないくらい注目されていますね。人間はどこかしら、欠点や嫌味があったりするものじゃないですか。

【関連】日本を明るくしたお笑いビッグ3の功績~島田洋七『お笑い“がばい”交遊録』 ほか

でも、大谷君にはそれがまったくない。マスコミを前に話している言葉も姿勢も、素晴らしいですよ。

結婚したことも、するべきときにしっかりと公表するし、SNSで奥さんとのツーショット写真も公開したでしょ。

広告の後にも続きます

おまけに夫婦そろって高身長でスタイルもよく、非の打ちどころがない。普通、背が高かったら痩せすぎていたり何かがあるはずです。

ニュースを見ていてビックリしたのは、ニューヨーク・ヤンキースのファンが「ヤンキース優勝目指して頑張れ! でも、大谷選手は別です」とか、オープン戦で大谷君が所属するロサンゼルス・ドジャースと対戦したシアトル・マリナーズのファンが「マリナーズに勝ってほしいけど、大谷選手にはホームランを打ってほしい」と、インタビューで答えていたこと。

メジャーリーグの他のチームのファンも、大谷君個人のファンだと語っていたのは珍しいですよね。

ひょんなことから講演会を開くことに

俺も野球選手やサッカー選手、芸能人でサインをもらいたいなと思う人は何人かいました。でも、佐賀から海外まで行って、サインをもらうとか、ひと目でも見てみたいと思ったのは大谷君が初めてです。

残念ながら共通の知り合いは、いなさそうですね。だって、年齢が違いすぎますよ。

でもね、コロナ禍になる少し前、岩手県・大船渡で無料の講演会を開催したことがあるんです。講演会はひょんなことがきっかけだったんです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル