top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「悩みを打ち明けたら、うちの親潰れちゃう」…仲良し親子に落とし穴 ダブルバインド(二重拘束)とは何か?

ABEMA TIMES

 同じ趣味を持ち、ショッピングや旅行も一緒の「仲良し親子」。

【映像】ダブルバインド(二重拘束)とは何か?

 子育てしやすいメリットがある反面、その「仲の良さ」が場合によってはリスクになってしまうケースもあるという。

 「仲が良いと互いが気持ちよく過ごせることを重視する。親は子どもに対しては様々な思いがあっても『子どもに嫌われたくない』などと2人の仲を壊してしまうような言動を避ける。本来ならば言うべきことも子どもに言わない」

 そう話すのは目白大学心理学部 特任教授の黒沢幸子氏。黒沢氏によると、カウンセリングの事例などで“理解のある優しい親”がここ最近増えているという。

広告の後にも続きます

 共働き家庭が増えて、親子の時間が限られているため、一緒の時間を波風立てずに過ごしたいという気持ちが強くなっていることが背景にあるという。

 そんな「優しい親」が陥りがちなのが子どもへ矛盾した2つのメッセージを送ってしまうダブルバインド=二重拘束だと黒沢氏は話す。

 「『あなたの好きなことをしていいよ』と言ったのに、子どもが好きにテレビを観て勉強をやらないと『宿題やったの?』『試験前でしょ』などと言う。自分の責任でやりなさいと言われているから自分なりに動こうとしているのに結局口を出されてしまう。言っていることとやっていることが違う。私たちはこれをダブルバインド=二重拘束と呼んでいる」

 理解ある言葉がけをする一方で、子どもを信頼していないメッセージを無意識に送ってしまうのだ。子どもはその不明瞭さに直面し、空気を読めてしまう子どもは仲良しの親を安心させようと、必要以上に負担を抱え込んでしまうという。

 「子どもはどうしていいか分からなくなる。あるいは『何をやってもダメなのよね』『結局、あなた(親)の気に入る通りにやらなきゃ』となってしまう」

 さらに、そんな親は子どもの不安や怒りに対して一緒に揺れ動いてしまう傾向にあるという。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル