top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「差別訓示」で辞職を明言させた「読売新聞女性記者」と静岡・川勝平太知事のガチンコ追及&猛反論バトル「完全再現」

アサ芸プラス

 静岡県の川勝平太知事が辞職を表明した。4月2日、静岡県庁での記者団とのやり取りの中で、突発的に宣言したのだ。

 発端は、前日の県職員新規採用者向けの訓示の中での「差別発言」にある。川勝知事は「差別意識は全くない」と全否定し、「読売新聞の報道のせいだ」と名指しで非難。その読売新聞女性記者とバトルを展開した挙句、突然の辞意表明となったのである。事実上、川勝知事の辞職を引き出した読売女性記者とのやり取りを紹介する。

 まず、知事に名指しされた読売新聞によると、知事は4月1日の訓示で、こう言った。

「県庁はシンクタンク(政策研究機関)だ。毎日毎日、野菜を売ったり、牛の世話をしたり、モノを作ったりとかと違い、基本的に皆さま方は頭脳、知性の高い方たち。それを磨く必要がある」

 読売新聞は「特定の職業を比較するような発言で、再び物議を醸しそうだ」と論評している。

広告の後にも続きます

 これを読んだ県民からは約430件の苦情が寄せられ、読売記者は川勝知事に対し、「農業、畜産に携わる人の知性が低いということですか。おごった考えですね」との声が多数寄せられたことを伝えた。

川勝「それは読売新聞の報道のせいだと思っています」

女性記者「ウチはあくまでも、昨日の知事の発言をそのまま切り取ることなくお伝えした」

川勝「いや、切り取られたんだと思いますね」

女性記者「特に中略もしていないので、切り取っていないと思いますが」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル