top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

中学で必要な英単語数は「2500」!? 専門家「分かる子はいいが、苦手な子には苦痛」 教員の負担増も懸念

ABEMA TIMES

 学習指導要領の改訂によって難しくなったという英語の授業。専門家からは子どもの英語離れを懸念する声も上がっている。

【映像】小学校で700語学んで…2500語の内訳

 「本当に英語がつらいという子が増えており、危機的な状況に陥ることを懸念している」

 こう話すのは、英語教育学が専門の和歌山大学 名誉教授の江利川春雄氏。ここ最近の子どもの「英語離れ」に危機感を抱いている。

 文科省による2023年度の全国学力・学習状況調査によると、「英語の勉強は好きか」という問いに対し、「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた中学生の割合は52.3%と2019年からは4ポイント減少している。

広告の後にも続きます

 背景として、学習指導要領の改訂によって英語の授業が難しくなったことを江利川さんは挙げる。以前は中学校で習う英単語の数は1200語だったが、2021年度から1600から1800語に増えた。また、「仮定法」といった高校で習う文法も一部追加され、授業は基本、英語で行うことになった。

 これに対し、江利川氏は「(それでも授業の)時間数は変わらない。更に小学校で600から700語学んできているものが加算され、中学生が接する英単語は上限2500ぐらいになる」と説明した。

 およそ、倍近くに増えたという英単語。さらに「授業は英語で行う」という点については「一生懸命、全て英語でやっている授業もある。分かる子はいいが、苦手な子にとっては苦痛になる」と実情を語った。

 負担が増えたのは、子どもたちだけではない。「和歌山県国民教育研究所」が2022年に県内の中学英語教員に実施したアンケートによると、新しい指導要領に対応した教科書について70%が「内容が難しくなった」、英単語の数については69%が「多すぎる」と回答した。

 江利川氏も「今まではゲーム性のある楽しいアクティビティの時間があって、それで英語を好きにさせるなど、“ゆとり”があった。だが、英単語の数が2倍にもなると教科書をこなすだけで精一杯だ。楽しいアクティビティよりも昔ながらの一斉講義型のようになってこれが辛いという声をよく聞く」と懸念を示す。

 江利川氏はこの新しい学習指導要領の礎になっているという国の政策に疑問を投げかける。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル