top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

黒柳徹子、ヒコロヒー共演!両極端な感想を互いに発信する『アサヒ 颯』新TVCM公開

YESNEWS

アサヒ飲料は、女優やエッセイストとして活躍している黒柳徹子と、お笑い芸人のヒコロヒーが出演する、緑茶『アサヒ 颯』の新TVCM「両極端な感想」編を4月4日から放映開始する。

賛否両論を呼ぶ、香り際立つ微発酵茶葉を一部使用した緑茶『アサヒ 颯』の新CMでは、朝焼けの空が広がり、気持ちの良い風が吹く中、上品に椅子に腰掛ける黒柳と、クールに佇むヒコロヒー。手には『アサヒ 颯』を持ち、「味」「香り」の好みについて、交互に発言する。その両極端さに、「みんな好き嫌い別れすぎじゃない?」とツッコミを入れるヒコロヒー。すると黒柳が、「まあ!とってもいい商品じゃない!」とポジティブな一言を発する。様々な意見を、二人が代弁するCMとなっている。

また、同時に公開されたインタビューでは、賛否両論にちなんだ質問や、これから二人でやってみたい事などを語っている。

■新TVCMインタビュー
※黒柳:黒  ヒコロヒー:ヒ

広告の後にも続きます

―今回「賛否両論」をテーマにしたCMの撮影でしたが、撮影はいかがでしたか?
黒:面白かったです。
ヒ:よかった。いやぁ楽しかったです。徹子さんとご一緒出来て嬉しかったです。
黒:お会いしましたよね、この前。私の番組へいらしたでしょ?
ヒ:はい。私の番組にも来てくださって。
黒:そう、私も伺ったのね。
ヒ:はい。遊びに行きあいっこして。
黒:行ったり来たり。それから廊下で会ったりもしたわね。
ヒ:そうですね。そうだそうだ。

―賛否両論がある颯ですがお飲みになった感想をお聞かせください。
黒:私は飲み終わった瞬間に、ものすごく口がよく回るということを発見して、芝居の時なんかは出る前に飲むと良いなと思いました。とても歯切れよくセリフが言えるような感じ。あなたはそう思わなかった?
ヒ:私はそうは思わなかったです(笑)。味が独特の苦みがあって、私はめっちゃ好きなんですが「あ、賛否両論があるんだ」という感じでしたね。
黒:それは分からないわね。人の好き好きなんてね。でも私は好き。

―賛否両論にちなんで「反対する人もいたけどやって良かったな」と思ったことをお聞かせ下さい。
黒:やっぱり、カラーテレビになる時。その前は白黒テレビに出ていましたから、カラーテレビはものすっごく熱いんですよ。サンドイッチなんてここに置いたらピュってすぐそっくり返るぐらい熱くて、皆から「よく出ますね」と言われましたけど、私は「出ます」と言って出ました。とても面白かったです。でも熱いんだもの、すごく。髪の毛なんてちぎれちゃったぐらい。そのぐらい熱かった。
ヒ:スタジオが暑かったんですか?
黒:いや、ライトが。カラーにする為には熱くないと(明るくないと)ダメだったんじゃない?すごいわよ、なんだってそっくり返っちゃうから。共演者さんと二人で、喫茶店でサンドイッチを食べるところがあって、あっという間にサンドイッチがそっくり返ってね、相手の方はそれでも食べましたよ。どんな口開けて食べたのかなと思うんですけど。
ヒ:大変だ(笑)。私はお笑い芸人というものになる時。ハタチでこの世界に入ったんですけど、やっぱりその時はうら若きか弱い娘さんだったので、周りの人たちから「こんなうら若きかわいらしい娘さんがお笑い芸人だなんて」ということで、ひどく反対されました。でもやってよかったです。面白かったです。
黒:なるほどね。

―ではこれから「反対されたとしてもやってみたいこと」は何でしょう?
ヒ:私は、徹子さんが35歳の時にニューヨークにご留学されていたという話を聞いて、私も来年35歳になるんですよ。そのぐらいの歳になったら、反対されてもどこかに学びに行ってみたいなというのはあります。
黒:ちょうどいい年頃なんじゃない?その時ってちょっと自分を変えたいとか、このままでいいのだろうか、とか色々考えて。私はそうでしたね。芸能人だということで皆様に親切にしていただくことがクセになっちゃって、何も自分で出来ない大人になったら困る、一人で全部やってみようと。私、実家で暮らしてたでしょ。一人で暮らしたことがなかったから、ヨシ!と思って、ニューヨークに行って、勉強しながら一人で暮らして、どういうものかやってみようと思って、それで行ったんです。
ヒ:1年ぐらいいらっしゃったんでしたっけ。
黒:1年いました。
ヒ:すごい。ちょっとやってみたいですね私も。
黒:そうよ、面白いわよ。すごくね、やっぱりね、後が違いますよ。
ヒ:その後の人生?これはすごい。
黒:演劇に関してもとても良かったです。向こうで習った芝居のやり方。だけどそれだけじゃなくて、色々な人に会ったりとか。変わった人もいるでしょう。
ヒ:色々なものが見られますもんね。
黒:そう、そう。いいと思います。
ヒ:徹子先輩はおありですか?反対されたとしても、これからやってみたいこと。
黒:私、競馬の騎手になりたくて。馬に乗っていたのですが、母がケガするからやめてくれと言ったのでやめたのですけれど、やっぱりもう一回やってみようかなと思っています。
ヒ:よっ!競馬の騎手!
黒:競馬の騎手には今からはなれませんから(笑)。
ヒ:いえいえ、なれます。
黒:馬に乗ります。馬に乗るのはやります。
ヒ:それでね、競馬でも出て。そしたらワシ(馬券を)張りますね。徹子先輩が乗っている馬に。
黒:お願いします(笑)。

―これからお二人一緒にやってみたいことはありますか?
黒:それはもう、二人でやるなら漫才!
ヒ:漫才?(笑)
黒:うん。
ヒ:うそ~!
黒:あなたと漫才をやったらうまくいくと思いますよ。絶対。
ヒ:うそ~(笑)、やりましょう!
黒:うん、じゃあやりましょう。
ヒ:やりましょう!やった!
黒:私普通の方とは難しいなと思うけれど、あなたとだったら大丈夫だと思いました。
ヒ:本当ですか?じゃあ劇場まで馬乗って二人で行きましょう(笑)。
黒:馬に乗って行くの?(笑)
ヒ:徹子先輩が馬に乗って。
黒:いいですよ、それでも。
ヒ:やったー!漫才やります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル